シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

体験談

元旦那は嫉妬深くて束縛が強い!浮気を疑われ続けて妻が取った行動は

投稿日:

今回は35歳、介護士をしているシングルマザーの体験談です。

元旦那にしつこく浮気を疑われ続けたことをきっかけに、まるで自分に浮気相手がいないことがおかしいように錯覚させるほどまでになって来て…。

6人の子宝に恵まれたシングルマザーの体験談です。

スポンサーリンク
  

元旦那は、嫉妬深くて束縛が強い人

35歳、介護士で子どもは6人います。離婚の原因はお互いにあったと思ってます。

元旦那は、嫉妬深くて束縛が強い人でした。私は、自由に過ごすのが好きで、育児が少しでも落ち着けば自分の時間を好きに使って過ごしたいのと、わがままな性格でした。

この2つが、なかなか折り合いが合わなくなったのがことの発端ではないかと思っています。

一方は束縛をして自分のところにずっと置いておきたい、愛してるから嫉妬もすると言う。もう一方は、愛してるなら自分を尊重し信じてほしい、育児や家事におわれストレスがたまるので空いた時間くらいは自由にしたい。それがすれ違いの始まりでした。

私の母も退職し、今まで一人ですべてしていた育児を手伝ってくれるようになりました。私の母なので、安心して預けられるということもあり、仕事を始めてみることにしました。

もちろん、一番の理由は子どもが6人もいるので家計を支えるため。そして、子守をしてくれる母に少しでも援助ができればと思っていました。

充実した日々と私の表情が

結婚して以来ずっと専業主婦だったので、最初こそは疲れましたが…慣れると楽しくて楽しくて仕方なくなりました。その充実した日々と私の表情が、元旦那を不安にさせていました。

その結果、私が仕事で出かけたり休日出勤するのを『浮気してるんじゃないか?』と疑うようになりました。子どもが寝たあと、毎晩『今日はどこにいた?今日はどんな男と遊んだの?』と問い詰めるようになりました。

でも、実際私は浮気なんてしていなくて、仕事をしていて職場と学童と保育園と家の往復だけでした。次第に、その妄想のような問い詰めはエスカレートして行き、まるで私に浮気相手がいないことがおかしいように錯覚させるほどまでになって来ました。

浮気が本気になりかけて

追い詰められていった私は、いけない考えが頭をよぎり、そうすることで紛らわせようとしました。『どうせ、何にもしてなくても疑わられて叱られて嫌味を言われる…なら、浮気しちゃった方が楽だな。家で癒されないなら外で癒しを求めればいいんだ!』と思うようになってしまいました。

スポンサーリンク

そう考えたら楽になり、私はとうとう本当に浮気をしてしまったんです。ただ、それが私にとっても元旦那にとっても思わぬ展開を引き起こしてしまったんです。浮気が本気になりかけてしまったんです。

家に帰るのは子どものため。子どもがいなければ、家に帰らなかったと思っています。家で癒されるのは子どもが笑ったり楽しくしていたり、かわいい寝顔を見せてくれているときだけ。でも、天使の寝顔を見たあとで必ず嫌味をぶつぶつ言われる時間が来る…旦那が帰宅する時間が苦痛でした。

浮気相手は、そんな私をすべて包み込み癒し、自由な時間を与えてくれるような存在になっていました。旦那といる時間が一分一秒でも嫌になりました。結婚して、ちょうど10年でした。

私は世界一幸せなシングルマザー

自分が感じていたこと、毎日どんな思いで過ごしていたか、どうして浮気なんかするまでに至ったか、今はどんな思いなのか…正直に話して、離婚を切り出しました。

そのあとは、何となくスムーズで子どもの養育権も親権もすべて私で、元旦那は出て行ってくれました。

私を変えてしまったせめてもの償いだと言われ、子どもがいないと生きて行けない私のための配慮だとありがたく思い、新しい人生をシングルマザーとしてスタートしました。

今、思うことがあります。私は世界一幸せなシングルマザーです。

子ども達に囲まれ、支えられています。子ども達は、私のことをとてもいたわりながら協力して色々なことを手伝ってくれます。私の役割がなくなってしまうほど…。

とてもいい子に育ってくれていて、私はそんな子ども達の母親になれたことを感謝しています。子宝に恵まれ、子ども達に最大に愛されて、自由に過ごせているなんて、幸せですよね。

まとめ

束縛をしたがる人の共通点は、自分に自信がない場合が多いと思います。

自分に自信がないから相手を疑って束縛しようとしてしまう。相手が束縛されたいタイプの場合は良いのですが、逆に束縛されたくないタイプの場合は、やはりうまく行かなくなってしまいます。

持って生まれた性格は簡単には変えられません。相手に合わせて自分を変える努力をするより、もともと自分とあった性格の人を見つけることが大事なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-体験談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元クラスメートとデキ婚から離婚へ子煩悩だった夫の裏の顔とは!

このサイトではシングルマザーのいろんな離婚の原因や、子育ての体験談を紹介していきます。 スポンサーリンク 今回は30代シングルマザーの離婚体験談です。 元夫は学生時代のクラスメート 子煩悩だった元夫の …

シングルマザーで二人の子を育てました!離婚理由は性格の不一致

離婚をしたのは、今から15年前 私の年齢は現在49歳です。仕事は今はアルバイトをしています。子供は2人いて、長男は23歳、長女は20歳になったばかりです。ようやく二人を成人にすることができたことは、私 …

過保護過干渉な母子家庭…でもそれには訳が。父の性癖が気になる母

防犯ブザーを持たされた 29歳女、食品製造業に従事しています。両親が別居したのは、私が4歳のときで、正式に離婚したのはずっと後、22歳くらいのときだったと思います。別居といっても、母が飛行機の距離の実 …

シングルマザーの貧困!乗りきるには家計の管理と福祉の適切利用

離婚前よりシングルマザーになってからの生活のシュミレーションはしてきました。 とはいえ、やはり予想通りにはいかず、なかなか苦しい生活を余儀なくされました。 スポンサーリンク 約束された養育費も支払われ …

マザコンの父親は義母からのいじめを訴える妻より常に母親の味方だった

今回は40歳主婦の母子家庭の体験談です。 両親の離婚の原因は姑の存在でした。マザコンの父親は義母からのいじめを訴える妻より常に母親の味方で妻は悪者扱いで…。 12歳の頃に両親が離婚した彼女の体験談です …