シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

体験談

母子家庭だからと言って不幸だと決めつけないで!

投稿日:

今回は50代前半専業主婦の母子家庭の体験談です。

彼女が物心がついた時にはすでに一日中家にいて働かない父親。中学2年のときにようやく協議離婚が成立して…。

成人した息子2人を持つ彼女の母子家庭の体験談です。

スポンサーリンク
  

一日中家にいる父親

現在50代前半の主婦です。
いつから母子家庭になったのか?と聞かれると答えに困ってしまうのですが…。
物心ついた時に既に父親は、一日家にいました。つまり働いていなかったんですね。それに気付くのは小学校の中学年ぐらいなりますけど。
外でも家でも働いていたのは母だけで、そんな母が離婚を考えるのは至極当然なことだと思っています。

父親と完全に別居したのは中学2年生で、ようやくその頃協議離婚が成立したんだと思います。
娘と言うこともあって、私は父につらく当たられた記憶はほとんどないのですけど、長男の兄にはかなり厳しかったんだと母方の親族から事あるごとに聞かされました。もちろん、父親の悪口も。

周りからの言葉で父は悪い人なんだと言う思いが、優しかった父との思い出をいつの間に封印するようになりました。今になって思えば、離婚の原因を作ったのは確かに働かない父の方ですが、子供に父親を選ぶ権利はありません。

大人同士で悪口の言い合いをする分には構いませんけど、それに子供を巻き込んで欲しくなかったとつくづく思います。子供にとってはそんな父親でも親であることには変わりないんです。

母子家庭に対する偏見

今から40年近くも前のことですから、母子家庭に対する偏見は今以上にあったと思います。勿論、行政の補助のようなものも極々僅かで、申請のために何度も役所へ足を運ばなければならなかったりしたと思います。

母は、母子家庭関連の手当のようなものを一切受け取ってませんでした。
当然、母が働かないと私たちは食べて行けませんから、朝早くから夜遅くまで働いていると、平日の日中に役所へ出向く時間がないというのもありますが、一番の理由だと思えるのは、ご近所の噂です。

離婚したと言うだけでも、斜めに見られるところへ母子家庭として保護を受けると、さらに要らぬことを色々噂されるのを母は嫌ったんだと思います。田舎ではよくあったことです。

母子家庭になったからと言って、生活のレベルが急に悪くなったりすることがなかったので、あまり悲観するようなこともありませんでした。
まぁ、元々母の稼ぎだけで生活していたんですから、働かない大人1人が減った分が余裕になったとも言えるかもしれませんね。裕福だったわけではもちろんないですけど。

お金がないと言う話は、母から一度も聞いたことがありませんし、母子家庭になってからの方が、どちらかと言うと伸び伸び暮せたと思います。
父と母の仲違いの様子を見聞きしなくなったこともありますし、両親の顔色をうかがう必要が無くなったせいでしょうね。

スポンサーリンク

懇談で担任から言われた言葉

「母子家庭なのに明るい」と懇談で担任から直接言われた時は、さすがにビックリしましたけど。片親の子供は、いつも不幸そうな顔をして下を向いて暮さないといけないのか?と。大好きな先生だっただけに、言いようのないショックを受けました。こんな経験をしたからかもしれませんが、私は子供の幸せは、両親が揃っていることが絶対条件ではないと今も思っています。

二親であれ片親であれ、笑いながら暮らせることが子供にとっての幸せなんじゃないでしょうか。別居や離婚を選択するには、周りには計り知れない当人にしか分からない理由あるんです。その選択を選んだことを、お母さん自身が後悔しないことが一番で、それを子供はきっと見ているはずだと思います。

自ら不幸になりたい選択をする人なんていないはずですから、自分を信じて前を向いて歩いて行けば良いんじゃないでしょうか。
今は、昔に比べて母子家庭や父子家庭も珍しいことじゃなくなっていますよね。行政で受けられる補助や援助が沢山ありますし、うちの母のように周りの目を気にして暮らすのではなく、利用できるものは利用すればいいと思います。権利のあるものを、受け取らない手はありませんよね。

ちなみに、今は私も結婚して成人した息子が2人います。
母が離婚して母子家庭になったことを責めるつもりはまったくと言って良いほどありませんが、私自身が離婚をしないことがある種の親孝行だと思ってはいます。

まとめ

「母子家庭なのに明るい」と懇談で言った担任の先生。悪気はなかったのかもしれませんが多感な子供はその一言で傷ついてしまいます。

妻にとっては悪い夫でも子供にとっては優しい父親の場合もあります。その父親のことを周りから悪く言われてしまうとせっかくの父親との思い出が封印するしかなくなってしまいます。

彼女にとっては自分自身が離婚しないことがある種の親孝行になったようです。

スポンサーリンク

-体験談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母子家庭でも明るく元気で前向きな姿勢で立派に四人を育て上げた母

離婚の原因は原因は浮気だった 僕の母は1人で四人の兄弟を育てました。 僕は現在30歳で広告代理店でデザイナーとして働いています。母子家庭が始まったのは11歳の小学5年生の頃で、小学生時代の記憶はほとん …

シングルマザーの再婚!決め手は年齢でもお金でもなく人間性

子どもが2歳の時に離婚してから7年半、仕事と子どもと生活のために必死で生きてきました。 離婚した時に「もう二度と結婚なんかしない」「一生独り者で生きていく」と思いました。 スポンサーリンク それから6 …

トラブルばかりの父親がいる生活より母子家庭の方がずっとマシ

今回は26歳、専業主婦の母子家庭の体験談です。 スポンサーリンク どこから借りたかわからない借金、職業をころころと変えるなど、金銭面のトラブルが特に多かった父親、彼女の見えないところでは母親に暴力を振 …

離婚の原因は夫の家族が家政婦扱い!大家族に嫁いだ母の決断の理由

今回は28歳の主婦の体験談です。 大家族に嫁いだ母親を待っていたのは小間使いの日々 スポンサーリンク お手伝いさん扱いの母が離婚を決意したきっかけは…。 母子家庭になった彼女の体験談です。 スポンサー …

仮面夫婦より母子家庭が絶対いい!離婚の原因は両親の価値観の不一致

今回は30歳主婦の母子家庭の体験談です。 両親の離婚は彼女が3歳の時。父親と1度も会ったことのない彼女が兄から聞かされた離婚の原因は、価値観の不一致だったというが…。 スポンサーリンク 3歳年上のお兄 …