シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

体験談

母子家庭って本当に辛い!母から聞いた離婚の理由は嘘だった

投稿日:

今回は27歳OLの母子家庭の体験談です。
たまたま姉がFacebookで見つけた、別れた父方の叔母や従姉妹達。そして自分達には異母妹がいるという事が分かり…。
幼い頃両親が離婚し、母親に引き取られた彼女の体験談です。

スポンサーリンク
  

父方の祖父が危篤

私は幼い頃両親が離婚し、母親に引き取られました。それ以降、父親とは一度もあっていません。しかし姉の結婚式があり、その時少し父親や父方の親族について聞くことが出来ました。

姉はその時父親の妹、すなわち私の叔母やその娘である従姉妹の事について、Facebookでしったそうです。そして私達には異母妹がいるという事が分かりました。すでに離婚はしている様ですが。それ以降は連絡をとっていませんでした。

しかしつい先日、偶然父方の祖父が危篤という知らせを聞きました。私や姉は24年くらい会っていませんでしたが、会わなかったら後悔が残ると思い、私の仕事終わりに会いに行きました。

病院に着いた私達を叔母が迎えてくれました。残念ながらおじいちゃんはもう虫の息でした。恐らく私達の事は理解できていなかったと思います。胸水が溜まっていてとても苦しそうでした。私も姉もおじいちゃんに話しかけましたが、さすがにもう話せる状態ではありませんでした。

叔母からずっとおじいちゃんが私や姉を心配していた、会いたいと言っていた事、死ぬ間際私達の写真を見ていたそうです。私や姉は何とも言えない気持ちになりました。今でも早く行けば良かったのかなとしか思えません。その3日後くらいにおじいちゃんは息を引き取ったそうです。

従姉妹からは安らかな顔だった、来てくれて本当にありがとうといってくれました。実は母や母方の祖母からは行くなと言われていましたが、反対を押しきり無理やり行ったのです。もちろん、いまでもそれが正しい事だったのかはわかりません。でも行っていなかったらきっと後悔していたはずです。

募る不信感

おじいちゃんの件以来、叔母とも会わないつもりでした。しかし私も姉もこのままはで良いのかという疑問がずっと残っていました。また会うにしても、死に間際で会うのは絶対に嫌だなと言う気持ちがあったからです。

今度叔母や従姉妹と会うつもりです。今何回かメールを行っています。もちろん母には内緒です。従姉妹は私と同じ趣味があり、話がめちゃくちゃ盛り上がっています。従姉妹や叔母はとてもいい人たちのようでした。

しかし、その反対に私や姉の不信感は募っています、母やおばあちゃんが今まで私達に言ってきた事は全て嘘だったのではないかと。実は従姉妹から聞いた話ですが、昔父はおばあちゃんから包丁を持って追いかけ回されたそうです。もちろん、本当かはわかりません。ただそれを否定する材料がないのです。実際にそんな事をしそうな人間でもあったので、あながち嘘だとは思えませんでした。しかも慰謝料は払ってくれんかったと聞いていたのに、本当は払う意思があったそうです。向こうの家はあまりよくなかったと、私達に嘘をついている訳です。

スポンサーリンク

母子家庭って本当に辛い

姉と母は最近よく喧嘩しているそうで、こちらによくとばっちりが来ています。私は何を信じたらいいのかわからないと言うことはないです。母もそんな人間だったと理解していますから。もうじき結婚し、家を出るつもりですが、私は母親に向けた手紙を読む気が全くありません。というか気力がないです。嘘でも今感謝しているなんて言えないからです。感謝なんてしてないですもん。このゴタゴタの状態で地獄見て、心だけが毎日やつれていくのがよくわかります。本当は一緒になんて暮らしたくないですからね。とっとと消え失せろとしか思えません。

ホンマに子供に嘘をつくのはやめた方がいいですよ。いざって時ばれてしまったら、自分が痛い目を見ますからね。特にシングルマザーは自分の事しか考えてない人も多いようですし。子供の事を考えた事あります?父親がいらんってそれは自分の意見だけでしょ。子供の気持ち考えろって感じ。母子家庭って本当に辛いですよ。

まとめ

子供には話せない離婚の理由もあります。しかし嘘をついてはいけません。
嘘は何かのはずみでバレてしまうこともあります。
嘘がバレた時、人は信用をなくします。たとえその相手が母親であってもです。
子供を守るためについた嘘なら許してもらえますが、自分を守るためについた嘘は一生恨まれます。

スポンサーリンク

-体験談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大人になっても母子家庭の寂しさは埋めきれません

父がアルコール依存症 現在38歳の事務職女性です。両親が離婚したのは私が成人してからのことです。この離婚は戸籍上の話で、生活を別々にしたのは私が小学4年生の当時です。わたしが成人したタイミングで両親は …

シングルマザーの再婚!決め手は年齢でもお金でもなく人間性

子どもが2歳の時に離婚してから7年半、仕事と子どもと生活のために必死で生きてきました。 離婚した時に「もう二度と結婚なんかしない」「一生独り者で生きていく」と思いました。 スポンサーリンク それから6 …

未婚のシングルマザーを選んだ彼女!子供を望むが籍は入れない彼は

今回は34歳、未婚のシングルマザーの体験談です。 結婚できるかどうかもわからないのに子供を生むことを選んだ彼女。 スポンサーリンク 実家を頼って子育てをする彼女の両親は、なかなか籍を入れない彼に実家に …

「母子家庭は可哀想」は、他人のつまらない思い込み

36歳主婦の母子家庭の体験談です。 彼女が2歳のときに離婚した両親。原因の一つは父親から母親へのモラハラでした。『自分さへ我慢すれば…』と思っていた母親。しかしそんな時父親の浮気が発覚してしまい…。 …

母親の再婚話に複雑な気持ちの子供!離婚の原因は家庭を顧みない父親

今回は30歳独身、海外で生活している女性の体験談です。 小学生の時に校長先生からの質問が今でも忘れられない彼女。 スポンサーリンク 母親との二人の生活に幸せを感じていたが母の再婚話に彼女の気持ちは複雑 …