シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

体験談

私は0歳の時から母と2人きり世間一般でいう母子家庭で育ちました

投稿日:

0歳の時から母と2人きり

私は0歳の時から母と2人きり世間一般でいう母子家庭で育ちました。母は身体が弱く、入退院を繰り返す生活でしたので、私は中学入学まで親戚に預けられたり 祖母と過ごす日々がほとんどでした。中学生になり 私も自分のことが出来るという事もあって、ようやく母と2人きりの生活が始まりましたが 思い描いていたお母さんとは違い 母はほぼ毎日寝たきり・・・・・。だけど不思議なことに寂しくは無かったのです。

身体の弱い母は入退院を繰り返し 退院しても寝たきりなので私は学校で必要なお弁当も自分で作り学校へ行きました。しかしながら まともなおかずが作れなくて、とても恥ずかしい思いをしました。なんせおかずを買うお金が無く冷蔵庫にほとんど食料がなかったからです。

恥ずかしいからお弁当の日はズル休みをした事もありました。けれど母に心配をかけてはいけないと思い、そして学校の先生に見つかってはいけないからと、自宅からすぐ側にあるマンションの階段の踊り場で冬だったので体操座りし、身体を丸めて朝からお昼過ぎまでじっとそこに居たことを今でも覚えています。その時私は早く大人になりたいと願う毎日でした。早く大人になり仕事をして 冷蔵庫に沢山の食材を買って入れたいと考えてみたり 何より母のことも楽にさせてあげたかったのです。

初めてもらった給料が8万円

高校に入学し やがてアルバイトを始めました。初めてもらった給料が8万円という大金で本当に嬉しくて 給料を手に真っ先に自宅へ帰りました。そして そのまま母へ8万円渡しました。母は涙ながらに喜んで ずっと私の手を握っていました。私はそれが本当に嬉しくて 毎日学校とアルバイトにあけくれていました。そうしているうちに 私はだんだんと8万円では満足できなくなり、やがて学校を辞めてしまいました。その後 数年間アルバイトを経験した後、飲食店へ就職しました。

気付けばその頃 母はあまり入院をしなくなりました。元気になってきた母は 仕事をするようになりました。そうなると 顔を合わせる日も少なくなり 母は自宅へ帰ってこなくなりました。恋人が出来たようでした。私は何も感じませんでした。

スポンサーリンク

私はあろうことか離婚しました

その後 私も恋人ができ 妊娠をしました。さすがに母に相談をしました。すると母は 堕ろしなさいと私に言いました。今考えたら まだまだ若い私の事を思い 言ってくれた言葉でした。しかしその頃の私は 母の言葉に 反発し そのまま家を出て音信不通になりました。そうして出産し数年経った頃 私はあろうことか離婚しました。子供に手を挙げる旦那さんで ギャンブルに酒乱でしたので 後悔はしていません。ただ、子供が寂しい思いをするのでは無いかとそれだけが心配でした。

私は今 42歳です。子供は今 23歳になります。 とても楽しくお互い自由に 必要な時は助け合い 生活しています。何より 私の母が私の子供を良く買い物に連れて行ってくれたり 旅行に行ったりしてくれているのです。経験した結果 今の私は 何も後悔はありません。ただ 母は後悔しているようで それだけが寂しい思いを思い返してしまいます。後は子供が幸せな家庭を築けていけるようにと願う毎日です。

スポンサーリンク

-体験談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

離婚の原因は父の非情な一言!子育てに追われる母に対する父の言葉とは

今回は母子家庭で育った30歳女性会社員の体験談です。 子育てに追われる母に対する父の非情な一言。 スポンサーリンク その一言で母は離婚を決意したそうです。 その一言とは…。 11歳の時に両親が離婚した …

離婚の原因は父親のギャンブル癖とDV!しかし本当の原因は母親に

今回は結婚を間近に控えた30歳女性の体験談です。 母子家庭の次女として育った彼女。離婚の原因は父親のギャンブル癖とDVだと聞かされていました。 スポンサーリンク しかし本当の原因は母親の…。 母子家庭 …

母子家庭で育った子供の離婚率は高い?夫側からの離婚の理由はこれだ

今回は母子家庭で育った方の体験談です。 シングルマザーもしくは離婚を考えているあなたは子供の事が一番心配だと思います。 スポンサーリンク 実際に母子家庭で育った子どもはどう思っているのでしょう? 母子 …

離婚の原因は夫の家族が家政婦扱い!大家族に嫁いだ母の決断の理由

今回は28歳の主婦の体験談です。 大家族に嫁いだ母親を待っていたのは小間使いの日々 スポンサーリンク お手伝いさん扱いの母が離婚を決意したきっかけは…。 母子家庭になった彼女の体験談です。 スポンサー …

ドケチ夫との生活よりシングルマザーのほうがマシ

夫の経歴はとても立派なもの 私は現在、私立高校の教員で、40歳になります。公立中学の教員をしていたとき、30歳近くなってから婚活を始めましたが、なかなか結婚には到りませんでした。職業柄もあって、あまり …