シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

手当

シングルマザーが安定して生活するために!手当について解説

投稿日:

シングルマザーが生活していく上で大変なのは、やはりお金です。

結婚している時とは想像もできないほど、育児をしながら働いて生活をしていくことの困難さが身にしみます

正直まだまだシングルマザーには親切でない現代社会で、自分の稼ぎだけに頼って生きていくことは難しいことだらけです。

そこで少しは福祉に頼ってもいいと思わないと、心身共に潰れることもあり得ますので、子どもを守るためにも色々な手当を活用しましょう。

シングルマザーになると、色々と行政からの補助が行われますが、詳しく知っていないともらい損ねることもあります。

受けられる補助について、簡単に説明いたします。

スポンサーリンク
  

児童扶養手当

児童扶養手当は、両親が離婚してシングルになった場合、その家庭の子どもに地方自治体から支給される手当のことです。

親に支給される手当ではなく子どもを扶養することが目的のために支給されるものであり、支給対象の家庭の子ども人数分が子ども各々の要件に合わせて支給されます。

とは言え、全てのひとり親家庭に支給されるわけではなく、支給に当たっては国で定められた支給要件があり、その条件を満たしている家庭にのみ、条件に合った金額の支給が認められます。

まず、支給要件を左右する一番のハードルは家庭の収入で、収入が多いシングルマザーだと満額よりかなり少なめの手当になりますし、最悪全く受け取れないので注意が必要です。

支給は子どもの年齢が0歳から18歳になった3月31日(年度末)までとなり、届け出前の遡っての支給は不可能になります。

その為、離婚をして、住民票・戸籍・保育園の入所手続きなど役所を訪れた際に、住まれている自治体の保健福祉課や児童福祉課などの対応窓口に行って、窓口の人に相談しながら手続きを早めに行うことをオススメします。

児童扶養手当の金額ですが、物価指数なのに左右されるため、年度によって若干の差異がでてきます。

詳細は住んでいる自治体のHPや厚生労働省「ひとり親家庭の支援について【引用元:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/shien.pdf】」などで詳しく確認できます。

私の場合は離婚した頃は離婚前の収入が無収入だったので満額もらましたが、翌年から少しずつ収入が上がっていくと一部支給に切り替わり、4年後には全く貰えなくなりました。

最初の数年に手当を貰えた結果、生活が何とかできていた部分が大きいので、ありがたかったです。

児童手当・就学援助

児童手当は、婚姻継続中・離婚関係なく、0歳から15歳の子ども(15歳になった3月31日まで/年度末)を育てる親に行政から支給される手当の事です。

児童手当に関しては、所得制限が一応ありますが、以前はもらえなかった所得の高い世帯にも5,000円(2017年現在)の支給があります。

所得制限以下の世帯は、子どもの年齢に応じて支給金額が異なります。

0歳から3歳未満は15,000円、3歳から小学校修了までは第1子・第2子が10,000円/第3子以降が15,000円、中学生が10,000円、となっています。

児童手当は余程の高給取りでない限りは、全国の子どもを育てる親の強い味方なので、きちんと申請して支給してもらいましょう。

詳細は、住んでいる自治体のこども福祉課やこども青年局(部署名が自治体によって違う為確認してください)などに問い合わせましょう。

次に就学援助について説明します。

就学援助は、小学校に入学してすぐに申請をするかどうかの確認が小学校の生徒全員の親御さんに宛てて文書が配られたりします。

私は文書が配られて、初めてシングルマザーでも申請できるということを知りましたので、子どものプリントはきっちりチェックすることが必要です。

この申請が認可されると、各期末に子どもが使用した学用品代や給食費等、一部なのですが、非常にありがたい金額が返金されます。

先に出費が嵩むのが前提なのですが、学期ごとに戻ってくるお金があるので得した気分にもなります。

この制度は、離婚したばかりであったり、収入が上がらなくて困っている時などには本当に大助かりの制度なので、要確認です。

ただ私はそうだったのですが、小学校1年の時はこの制度を活用させて頂いて、2年生の時も申請をしようと思っていたところ、学校側から電話があり「今年は難しいかも」と言われました。

ずっと一人親家庭の子どもがメインで申請が行われていたようなのですが、当時の不況から(今もですが)通常の家庭の申請が増加したらしく、シングルの私の安い年収よりも低い家庭に補助が下りる事になったみたいです。

厳しかったのですが、収入の少ない家庭が受けられる援助なので「残念だな」と思いながら申請不却下を納得しました。

スポンサーリンク

シングルマザーだけどいくらか収入を得ている人は、その学校の生徒の家庭状況によっても受けられるかわからない援助になりつつあるかもしれません。

とは言え、援助が受けれたらラッキーなので、申請はきっちり行いましょう。

その他の活用できる手当・支援

シングルマザーになって一番怖いのは、子どもの病気です。

ただでさえ圧迫された家計であるならば、固定支出や食費などの他に子ども病気にかかる医療費の捻出が大変な苦労になります。

そのため、役所でこども医療費助成制度の手続きを必ずしましょう。

この制度は自治体の裁量によりますが、小学生前までは無料・小学生卒業までは無料・中学生卒業までは無料・18歳までは無料と、自治体によってバラつきがあります。

加えて、同じ自治体でも通院・入院によっても無料になる期間が異なる場合もあるため、きちんと自治体の窓口で確認をする事が重要です。

また、自治体によって、子どもだけではなく、親の方にも医療助成があります。

子どもの医療費助成制度は、余程の高所得者以外は受けられますが、親の医療助成は所得制限が厳しく決められています。

所得が低く困窮している場合は間違いなく受けられますので、お住まいの自治体の所得制限を確認後、問題なければ医療証の手続き申請をオススメします。

数回500円を支払えばその後は無料になりますし、保険の効く手術などは無料もしくは非常に安価で受けることができます。

子どもが成長してからの学校に関する支援では、高校進学先が公立であれば無償化等の改革の為かなり安い金額で通わせる事が可能ですが、私立に進学した場合はかなりの出費となります。

その場合も、お住まいの県に就学支援金補助の申請を出すことができ、低所得であれば年間十数万円の補助を受けることができますので、活用しましょう。

詳しくは、子どもが在学している学校が窓口になりますので、学校に相談をしてみてください。

まとめ

私の場合は、離婚後転居した自治体の役所のやり方が親切で、説明・誘導されながら、住民票手続き→保育園の相談→保育園の決定→児童扶養手当のお話→手続き→他の手当(児童手当や医療関係の手続き)と全てをまとめて終わらせてもらえました。

ですから、離婚後すぐにとりあえずの手当や補助関係は困る事なく利用させてもらえたのがありがたかったです。

わからないことは役所に行って相談すれば親切に教えてもらますし、役所に行く時は必ず印鑑・身分証明書・マイナンバーがわかるもの・銀行の通帳、の4点セットを常に持参してすぐに手続きに移れる準備をしておいたらバッチリです。

シングルマザーは自己責任という冷たい人々もいますが、一人で子ども育てるには気力と胆力がいりますので、そんな批判は無視して助けてもらえるものは全て活用しましょう。

収入や年齢の関係で、いつか利用できなくなるものばかりの手当・補助なので、子どもと幸せになるために使える時にきちんと手続きをし、少しでも安心できる環境を作る事が一番です。

スポンサーリンク

-手当
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーなら手当や免除を遠慮なく受けるべきです

32歳でシングルマザーとなり、初めて母子扶養手当や母子医療証書、保育園料免除と就学援助などの母子家庭で受けれる制度があることを知り、遠慮無く受けて14年が経ちます。 スポンサーリンク 未婚で出産するに …

国が主体・自治体主体で沢山ある!シングマザーのための支援制度

シングルマザーで行政から支給される手当は多くの人が知っていると思います。 しかし、手当だけではなく、他にも少しでも生活が守られるように自治体によって支援がたくさん行われています。 スポンサーリンク 本 …

福祉に頼れず意地で自立を選ぶシングルマザーが本気で気をつけること

福祉に頼るか正社員で働くか、シングルマザーが絶対考える最初の壁です。 権利として存在しているのに、世間の風潮が冷たく、福祉や手当を躊躇する人もいます。 それ以前にシングルマザーになって、意地になってし …