シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

手当

国が主体・自治体主体で沢山ある!シングマザーのための支援制度

投稿日:

シングルマザーで行政から支給される手当は多くの人が知っていると思います。

しかし、手当だけではなく、他にも少しでも生活が守られるように自治体によって支援がたくさん行われています。

本当に沢山の支援があるので網羅しきれませんが、支援そのものは経済的・物理的・教育的など多岐にわたります。

一人で全て背負って生活いくことは大事ですが、どうしても大変なものは支援を受けることがベストです。

少ない支援例ですがあげておりますので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
  

全国的に行われている経済的支援

シングルマザーになると、やはり経済的な問題が一番重くのしかかってきます。

生活が立ち行かなくなる可能性を多々孕んでいて、そうならないように多くの経済的な支援が行われています。

手当のように金銭を支給する形ではなくて、支払うべきものをいくらか減免することで生活への負担を減らす形での支援が、次の通りあります。

まず、所得税・住民税の減免が行われていて、条件を満たせば住民税から26万円・所得税から27万円の控除が受けられる、寡婦控除というものがあります。

国民健康保険・国民年金加入者は、所得が少なくて納付が困難な場合は、手続きを行えば減免が認められる場合があります。

他には、児童扶養手当を支給されている世帯に限り、JR通勤定期の割引・公営バスの割引・粗大ごみ等処理手数料の減免制度・保育園利用に掛る保育料の減額や免除等が住んでいる自治体によって行われています。

また、こちらも自治体によりますが、市営住宅等の公営住宅への低家賃での入居も、一人親枠があり、募集に応募して当選すれば可能になります。

多くの自治体で支援の多少は異なりますが、シングルマザーへの経済的な支援が他にも多くありますので、お住まいの自治体で問い合わせすれば支援を受けれるものが増える可能性があります。

就職や定職につくための経済的物理的支援

シングルマザーの就職には、本当にたくさんの困難が予想されます。

経験で言えば、面接における差別的言動は現在でも多くありますし、子どもを理由に就業を拒否されることもたくさんあります。

学校卒業から結婚→離婚に至るまでの間に、多くの資格取得や特殊な技術を持っている人であれば、専門職などへの就業もできますが、資格をとる余裕もないままシングルマザーになった人は本当に辛いです。

そういったシングルマザーの就業を支援する制度が、私がシングマザーになった時より今はかなり充実してきています。

ハローワークの中にマザーズハローワークという部署があり、女性の就職活動に特化した施設で子ども同伴できますので、小さいお子様がいる場合はこちらの利用がオススメです。

シングルマザーが就業前に、就業に有利な資格をとリたくて訓練校に行く時には、自立支援教育訓練給付金が支給されます。

看護士や介護福祉士などの資格を取得するために2年以上養成機関に通う場合は、高等職業訓練促進給付金や高等職業訓練終了支援給付金の支援も、条件によりますが受けることができるかもしれません。

このあたりの支援の仕組みはなかなか難しいので、管轄のハローワークで調べたり相談をしながら活用をしてみてください。

ちなみに私は、お金もなく働かなければすぐに親子共々餓死の状態だったので、資格勉強をしたり色々調べる余裕が全くありませんでした。

しかしながら、自分のこれからの生活の先々を考え、能力を上げて就業することが経済的に安定して暮らす一番良い方法とだと思いますので、活用をどんどんしていきましょう。

スポンサーリンク

生活を助けてくれるファミリーサポート制度

厚生労働省が旗振りをしている、子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業)があります。

このファミリーサポートセンターは、近年は全国ほとんどの自治体で行われている事業で、シングルマザー以外も利用していますが、シングルマザーには非常に有り難い支援制度です。

まずこちらは「子どもを預かって欲しい登録」をして、センターのマッチングで「子どもを預かる登録」をしている方を探してもらい、面談の後、契約内容が折り合えば契約をします。

私は子どもが小学校1年生の時、近所の優しいおばあちゃんと、子どもが同じ小学校に通うお母さんに1年間お世話になりました。

学校が終わったあと預かっていただく方の家に子どもが直接行ったり、学校まで迎えに来てくれたりして先方の家に行き、親が迎えに来るまで見ていてくれます。

金額も1日数百円程度で、貧困な私でも何とか支払いができる優しい制度でした。

仕事が予想よりも遅くなってお迎えが困る、などの急な場合でもセンターで対応をしてもらえる事もあるので、働くシングルマザーの方には利用する価値がある支援制度だと思います。

まとめ

両親揃っていても、仕事も大変で、生活も大変で、育児も大変です。

ましてやシングルマザーで、仕事・生活・家事・育児など普通では回せません。

近くに実家ある、兄弟姉妹が住んでいるなどで、身内の人が支援してくれることは本当にありがたいことですが、全くそういう人が近くに居ない場合は頼るところもありません。

シングルマザーで子どもを抱えているのですから、大変な時は堂々と行政に支援を求めて全然良いと思います。

就職についての支援・就職するための能力をつける支援など、いろいろな支援を受けてキャリアアップを目指せば、将来の子どもとの生活にも安定をもたらせます。

全ての支援は、シングマザーの皆様が経済的基盤、生活基盤の安定をできるようにとの願いから行われている支援制度です。

しっかり活用をして、次のステップを目指しましょう。、

スポンサーリンク

-手当

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福祉に頼れず意地で自立を選ぶシングルマザーが本気で気をつけること

福祉に頼るか正社員で働くか、シングルマザーが絶対考える最初の壁です。 権利として存在しているのに、世間の風潮が冷たく、福祉や手当を躊躇する人もいます。 それ以前にシングルマザーになって、意地になってし …

シングルマザーなら手当や免除を遠慮なく受けるべきです

32歳でシングルマザーとなり、初めて母子扶養手当や母子医療証書、保育園料免除と就学援助などの母子家庭で受けれる制度があることを知り、遠慮無く受けて14年が経ちます。 スポンサーリンク 未婚で出産するに …

シングルマザーが安定して生活するために!手当について解説

シングルマザーが生活していく上で大変なのは、やはりお金です。 結婚している時とは想像もできないほど、育児をしながら働いて生活をしていくことの困難さが身にしみます 正直まだまだシングルマザーには親切でな …