シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザーの転職は大変!4回目の転職で正社員に

投稿日:

シングルマザーとなり4回の転職をして今の介護業界に飛び込み10年が経ち、パート勤務から今は正職員として安い給料ではありますが、何とか安定した収入を得る事ができた私の体験談です。

これから先食べるに困らない仕事と思い3回目の転職で何の知識も経験もなく介護職に就き、今は4回目の転職で正職員として毎日忙しくしていますが充実した日々を送っています。

看護師や介護士にはたくさんのシングルマザーが子育てをしながら頑張っています。

スポンサーリンク
  

子供が小さいうちはできるだけ一緒にいたい

子供が4ヶ月になる少し前から働き始めて14年が過ぎました。保育園に預けると日祝日は休みじゃないといけないし、勤務時間も保育園に預けている間しか働けません。

最初に就いた仕事は保険外交員でした。お客さん、自分次第で定時に帰れるか、土日祝日休めるかは決まってしまいます。

帰れるようで帰れなかったり、休めるようで休めなかったりで収入は不安定、1歳にも満たない我が子を祖父母に預け仕事に出る事もありました。

2年間は周りに助けてもらいながら頑張りましたが、この先保険外交員としてやっていく自信は全くなく、不安定な収入や納得できない仕事内容に耐えれず、転職を考え始め、日勤のみで日祝日休みの工場勤務へと転職しました。

これもやはり子供と一緒にいたいという気持ちから転職を決意、パート勤務でありながら福利厚生はしっかりしていて社会保険もあり収入も安定するからと工場勤務に転職、月日が経つにつれこのままここで子供を養っていけるか不安な気持ちが出て来てもっと自分らしく働きたいと思うようになった頃、経営不振で退職希望者を募り始めた頃、友人の話から今の仕事の介護職の道を選びました。

私は保育園が休みの時は子供と一緒にいたいからと面接の時に「フルタイムで働きたいのですが、日祝日は休みで日勤だけしか働けません」とはっきり言いました。だめだろうなと思っていたら採用が決まり今までに例がない勤務体制で私1人だけがフルタイムのパート勤務をしたのです。でもすごく嬉しかったですね。考えるだけじゃ何も進まないのです。何でも言ってみるものですね。

でもこの職場には私のように小さな子供を抱えて働くシングルマザーはいなくて少し心細かったのですが、皆さんほんとに暖かく見守ってくれて手を差し伸べてくださいましたよ。

こういう業界はシフト制の休みですが、希望休を取る事ができるので私の場合、日祝日と別に保育園行事とか学校行事が分かってる日は休みを取る事ができていたので子供と過ごす時間も十分確保されていました。

こうやってシングルマザーとなり子供と過ごす時間を優先して働き始めて11年過ごす事ができました。保育園の時は保育園行事には殆ど参加できて、小学校の時も授業参観は高学年になるにつれ行かなくなりましたけど低学年までは大体参加する事が出来ました。

就職して試用期間が過ぎた3ヶ月の頃、正職員の話がありました。何の資格も経験もない35歳のシングルマザーが正職員として給料も保証されボーナスももらって働けるなんて有難い話でした。

でも正職員になれば休みはシフト制、夜勤もあり勤務体制も交代制になるので子供を祖父母に預けて夜勤をすることも、仕事をすることも嫌で、何よりもこれから先で何かあったとき子供から「あの時、母ちゃん仕事でいなかった」と言われたくない、思わせたくないと強く思っていたのでもう少し子供といたいからと断りました。

母子家庭で寂しい思いをさせてる上に、仕事で子供を1人にするのが怖かったのです。

このままパート勤務での将来が不安

仕事や職場、人間関係にも慣れ始め職員や上司からも頼りになるパートさんとして認められ6年が過ぎた頃、750円の時給から始まり1年目で800円に上がりました。

しかしその後5年間全く上がらず6年目の頃、自分はまだまだなのかなと思いながら、気合いと根性だけはあるものの何の資格もない私はこんなもんなのかなと思うしかありませんでした。

上司と時給の話をしていたら上限が800円と聞きこのまま何年頑張っても時給は上がらないんだと思うと一気に焦りと不安が出てきました。

でも経験はあっても資格はないし小学校の子供を抱えた40過ぎのシングルマザーが働けるところなんてそうそうあるもではないだろうなと諦めるしかありませんでした。

しかしこのままパートで働き続けても給料ももちろん上がる事はないし、歳も取っていくだけでこれから先どうなるんだろうと経済的な事とと自分の老後が心配になり始めました。

子供も小学5年生で自分の世界ができはじめ、休みの日は友達と過ごす時間が増え、母親の私がいなくても祖父母のどちらかが必ず家にはいるから子供が1日1人になるということはありません。

逆に一人の時間も欲しいだろうし、シングルマザーはずっと働かなくてはいけないのですから、いつまでも子供と一緒に過ごしたいなどの余裕などないはずだし、ましてやもう少し収入を増やしたいのなら何かを犠牲にしないといけないのではないかと思い始めました。

子供が成人するまでは親として養っていく義務があります。子供が成人するまで約10年、このまま時給800円のパート勤務ではお先真っ暗な将来しか見えませんでした。

国家資格である介護福祉士の資格があれば歳に関係なく転職先があると聞き、受験しましたが実技試験で落ちてしまいました。

スポンサーリンク

このままここに腰を据える人生しかないのかなと思いながら求人情報誌を眺める事が増えていたとき、今の職場で働いている友達にから「夜勤は月に1回か2回でも良いし、週末だけしか夜勤に入れなくても正職員で働けるからうちにおいでよ」と声をかけられ、悩みましたが面接に行くことを決意して多くて2回、週末だけしか夜勤に入れません」と伝えると採用が決まりました。

43歳にして15年ぶり位にボーナスをもらえる仕事に就くことができたのです。

そして現職場の上司に退職の話をしたら事務長と看護師長と介護主任の3人から呼び出され時給を上げるから、月に1回の夜勤で正職員で働いてくれないかと言われました。

シングルマザーの私には有難いお言葉で退職を止められましたが、時給を上げるから辞めないでくれと言われても嬉しくない、誰一人として月に1回の夜勤をしてる人がいない職場で自分だけができないと言って、次の仕事先が決まっていると退職願いを受理してもらいました。

今思えば夜勤の数が少ないとそれだけの給料しかもらえないのは自分だから気にする必要は無かったし、時給も1000円って言われたので割り切ってもらえば良かったんですよね。かっこつけてしまいましたが後悔はしていません。

人生最後の職場と決め転職

43歳でこれが私の職場と決め転職して、同じ介護の仕事でも人も場所も変われば未経験と一緒です。せっかく7年も頑張ってきなのにまた振り出しに戻してしまいました。

でも子供が成人するまで9年間、定年まで17年間、シングルマザー歴12年間と比べれば大して変わらないと思えば意欲は沸きました。

43歳にもなれば人間関係もうまくやっていけるようになってるし、自分より下の子に最初は敬語でもそのうち慣れてくるはずだし、年上の人には食い下がらず素直に応じていればいざこざは起きないはずと信じて何事もなく3ヶ月位過ぎて職場の雰囲気にも人間にも慣れていつしか信頼してもらえる存在になっていました。
そのかわり納得できないことも素直に応じて自分から何でも率先して動くように心がけました。

人生初の夜勤。緊張して寝付きのいい私が一睡もできませでした。月に週末だけの2回の夜勤を受け入れてくれて、その事に対して誰1人文句を言う人もいなくて夜勤をしただけ給料が増えていたので少しだけ前の職場より収入も増えていました。

今は月4回~5回の夜勤をこなし小学6年生だった子供も今は中学3年生になり、たまに一人で夜を過ごすようになってだいぶ楽になり4年目になりました。

転職した年に介護福祉士受験に再チャレンジして見事に資格取得することができました。

何よりも心強く、居心地が良いのは介護士も看護師も母子家庭が多いということです。職員の数も多いからだと思いますが、1部署に3~4人のシングルマザーがいるのです。同じ境遇であるので話も弾むし、お互い良き相談相手で良き理解者、良きアドバイスももらえシングマザーに関わらず、皆さんよくしてくれます。

夜勤はしんどいし、仕事も楽ではありませんが、私にはこの仕事しか今はないようなのでとりあえず最後の職場と思い頑張って行きます。

まとめ

何の資格もなく特に正職員で働きたいと考えているシングルマザーの方がいたら、時間とお金に余裕があれば看護師の資格を取るのも良いと思います。年齢に関係なくそこそこのお給料はもらえるようです。

私のように時間にもお金にも余裕がない方は介護業界を転職先に視野に入れてみてはいかがですか?資格や経験がなくてもやる気があれば十分やっていける仕事です。

子供の事を優先したいと思うのはシングルマザーだけではなく親なら皆そうだと思います。でもシングルマザーは経済的にも精神的にも頑張らないといけないんです。

母子家庭の子供が頼れるのは私たち母子家庭の母親だけなんですよね。意外に子供は強くしっかりしているんだなと今の職場で働き始めて気付きました。

シンママがしっかり子供を見ていれば子供もちゃんと見てくれてるんだと思う今日この頃です。

今仕事を探しているのなら求人情報誌もいいですが、周りに色々声をかけておくと意外に自分にあった職場がみつかったりしますので、転職を恐れず、自分と子供の将来のために一番安心な道を選んでくださいね。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事をどうする?子どもが病気になった時のシングルマザーの悩み

どのような立場にある母親でも、働いていれば子どもの病気は悩みの一つです。 シングルマザーであれば尚更、子どもの病気と仕事の間で板挟みになります。 スポンサーリンク シングルマザーにとっても子どもにとっ …

シングルマザーにママ友って必要?こんなママ友なら大歓迎!

女って怖いです(笑)。 その中でも悩みのタネは「ママ友」。 子どもを介しての一定期間のお付き合いだけなのですが・・・これが面倒くさい! 私も「面倒くさい」「いらない」って感じていたので、自分から作る努 …

シングルマザーでも自分の家は持てます!むしろ持つべきです

32歳で未婚で1人息子出産し現在シングルマザー歴14年なります。昨年2月までは実家暮らしをしていました。 実の両親ですが、九州男児の昔気質の父とわがままな母に振り回されながらも未婚でシングルマザーにな …

シングルマザーの財布の中には少額のお札とポイントカード

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をしています。 仕事に行くとき、買い物に行くとき財布の中をチェックして余計なお金は持ち歩かないようにしています。余計なお金はないんですけどね。 私の …

シングルマザーの子どもは寂しいのか?本当のところは?

シングルマザーは朝から晩まで本当に忙しいです。 子育て・仕事・家事をすべてこなしているのですからヒマなわけがありません。 経済的に余裕がないことも多いため、仕事を掛け持ちしたり残業で遅くまで働いている …