シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザーの教育費捻出方法!子どもの教育費をどうするか?

投稿日:

子どもの教育費は、一般家庭においても非常に大変な負担です。

しかし、もし子どもが大学までいきたいと言えば行かせてあげたいのが親心です。

実際問題、シングルマザーで高給取りでない限り、教育費を用意するのは本当に大変で苦しいです。

なので、シングルマザーが子どもの教育費をどのように準備すればいいか、少し簡単に解説してみました。

ギリギリで困ることのないように、やはり小さいうちから念のために考えることが必要です。

スポンサーリンク
  

子どもが独立するまでの教育費

子どもが成長するにつれて生活に重くのしかかってくるのが、子どもの教育費です。

よく、シングルマザーでも子どもに習い事をさせていたりする人もいますが、我が家では子ども本人が望まないこともあり、カルチャーセンターの「そろばん」に行かすくらいでした。

しかし、もし子どもが小さい頃から優秀であったり、親の希望として将来的に学歴をつけさせたいとなれば、できる限り何らかの習い事や塾に行かせてあげたいと思うのは当然です。

公立小学校・公立中学校は義務教育なので、入学の際に色々購入する資金や修学旅行で結構高額な積立をさせられる位で、そんなに学校ではお金がかかりません。

しかし高校入試を目前に控えてくると、塾に行かす母子家庭では月謝も馬鹿にならない金額が必要になります。

高校に入学するとして、公立学校であれば今は無償化になっていますが、私立学校に通うことになる場合は毎月家賃に近い金額がとんでいきます。

高校の後、大学進学ともなれば、国立・公立学校だとしても4年間で学費だけでも300万円は必要になってきますし、私立ならば文系ですらほぼ450万は用意しなければなんりません。

上記の金額は、あくまで学費のみで、下宿をして大学に通うとなると莫大なお金が必要になります。

専門学校でも、業種に関係なく、年間ほぼ100万円超の学費がかかります。

高校を卒業して就職をしない限りは、子どもへの教育費用はかなりの金額になりますし、お金がないという理由で子どもが勉強したいことがあるとした時に諦めさせるのは絶対に避けたいです。

教育ローンや特待生制度

では、子どもが進学するに当たって、費用を捻出する方法はどういったものがあるのでしょうか?

まず銀行・国民公庫などの金融機関にある教育ローンの利用です。

ローンを組むにあたっては、シングルマザーであっても支障はありません。

ただ、仕事の勤続年数・年収または持家かどうかが審査の問題になりますので、同じ仕事をずっと続けて、できる限り正社員でいる方が有利になります。

非正規社員のシングルマザーだと、正直厳しいかもしれません。

なお、現時点では、銀行などの金融機関よりは国民公庫のローンの方が審査に通りやすいように感じます。

次に検討したい方法は、受験する学校等の、入学金及び授業料免除・授業料減免措置です。

今では色々な学校に普及している制度で、受験者の中で受験上位の成績を修めたり、高校在学時の評定点(内申点)が高得点であったりした場合に適用される可能性が高いものです。

子どもに努力をしてもらう必要がでると思いますが、子ども自身も大学や専門学校に行って勉強を頑張りたいと思っていれば、子ども次第でかなり減額された授業料で通うことが可能になります。

スポンサーリンク

進学先を決定する前に、色々な大学や専門学校を調べて、「どういった減免措置があるのか?」「どれだけ内申点があれば適用されるか?」等をきっちり調べてから、子どものやりたい勉強の内容にあった学校を検討してみましょう。

奨学金について

今巷で色々言われている奨学金ですが、私個人の意見ですが、親としてはできる限り子どもに利用させたくないなと思ってしまいます。

奨学金にも無利子型・有利子型・給付型とあり、無利子型・有利子型の奨学金は、親の収入が低ければ問題なく受けれますが、子どもが社会に出ると同時に返済を始めなければなりません。

ニュースでも言われるように、大学卒業と同時に借金を背負うことになってしまいます。

もし子どもが支払えなくなったら、保証人に支払いの責務が移りますし、下手をしたら10年以上支払いが続くので親子共々負担になるかもしれません。

給付型の奨学金は、徐々に増えていっているようですが、まだ少ないのが現状で、優秀な子どもが受けることができる奨学金で、これを受けることができれば支払いの義務は発生しません。

どのような給付型奨学金があるか等について、詳しく調べておくことをオススメします。

先に述べた3つの型の奨学金は、学生支援機構、県の奨学金、市の奨学金、または大学から出される奨学金、まれに企業からの奨学金と多くの種類がありますので、どんな奨学金があるかのチェックも重要です。

まとめ

実際に子どもに教育を受けさせてあげたいと思っても、お金の準備ができなければやはりできません。

子どもが小さいうちから、色々なことを調べて熟考することが必要です。

また、もし実家や別れた子どもの父親に相談できる場合は、恥ずかしいと思わずに相談するのがいいと思います。

シングルマザーの一人力では難しいこともたくさんあって、誰か助けてくれる人がいれば子どものためにも相談してみましょう。

どうしても自分の力だけでなんとかしいたい!と思う場合は、頑張って正社員・ずっと勤務を続けることを念頭に、早め早めに段取りをしておくことが将来につながります。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーの頼もしい心強い友達と愉快な仲間達との友情の輪

中学3年生の息子1人を持つシングルマザー歴14年半が経過しました。 息子と2人、母子家庭をそれなりに満喫しています。 未婚の母となる事を学生時代からの友人達は励まし手助けも沢山してくれています。 そし …

シングルマザーの自分の老後を考えた事ありますか?考えていますか?

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をして11年目になります。 目の当たりにする介護の現実を自分に起こり得る状況だと受け止めたくなくても受け止めざるを得ない事だと思う今日この頃です。 …

シングルマザーの財布の中には少額のお札とポイントカード

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をしています。 仕事に行くとき、買い物に行くとき財布の中をチェックして余計なお金は持ち歩かないようにしています。余計なお金はないんですけどね。 私の …

定年後は自分の趣味で生計を立てる事を夢みるシングルマザー

現在47歳、中学生の息子を持つシングルマザーです。 今は介護士として長期療養型の病院で働いています。 私には夢があります。 スポンサーリンク 金銭的には不可能と思える夢ですが、身体と頭がしっかりしてい …

シングルマザーの節約って何ができる?おススメの節約術

世間一般では、シングルマザーの収入は一般家庭よりも低いと言われています。 正規雇用の難しさや養育費の未払いなどがその背景にはあります。 でもそんな中、多くのシングルマザーの方は子どものために少しでもと …