シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

学校

子供の将来の夢に少しでも近づくための進学とシングルマザーの応援

投稿日:

中学3年生の息子を持つシングルマザーです。
息子は受験生ですが、のらりくらりとしています。
母親の気持ちを分かっているようないないような息子にやきもきする毎日です。
何とか公立高校に行って欲しいと思うのはシングルマザーであれば誰でも思っていることだと思います。

ここ数ヶ月の私達親子の進路についての話です。

スポンサーリンク
  

息子の将来の夢に一歩でも近づけるように

小学校の頃から、親子で将来のためにはこの高校が良いよね。と話していた公立の工業高校があります。
本人も自分の得意分野を活かせるからとその高校に行くと良く言っていました。

その高校は、自宅から電車で30分、駅から徒歩で15分位の場所にある工業高校です。
このご時世に高卒で就職率100%、勉強より生活重視の高校で、とにかく先生が子供のために一生懸命になってくれると聞きました。

一人っ子でマイペースで自由児で好奇心旺盛で、将来は大工さんと建築士として働きたいと言っている息子に合っているのではないかと思い、私も勧めています。

高卒で建築関係の仕事に就いても良いし、建築関係の専門学校に進んでも良いし、全く違う分野の仕事に就くかもしれないけど、それでも就職率100%であれば、心配はないと思いました。

ですが、高校側にしてみれば就職率100%を保つために、一生懸命してくれているのですが、成績の良い子から順に良い企業を紹介していくらしく、子供たちの希望する就職先がないときはとりあえず就職内定まで行かせて卒業させているそうです。

当たり前の事だろうなと思いつつ、やはり成績の良い子が優先されているのかと思うとちょっとがっかりしました。
今のところ、この工業高校は合格範囲内の成績ではいるようですが、息子が希望している建築科はこの高校の中一番レベルが高いようです。

将来の夢があるってとても良いことだと思うし、一歩でも近づくためにもう少し頑張って欲しいなと思っています。

母子家庭の子供は一度は中卒で働く事を考えるのだろうか

中学2年生の頃から成績は下がり始めました。
でも、本人はもちろん、母親の私も特に気にすることはありませんでした。

ちょうどこの頃、夜間の定時制高校の話をしていました。
私が高校生の頃の話でもう30年前になりますが、何となく進学した高校で楽しい高校生活を送りましたが、定時制高校に通いながら、昼間仕事をしていた方が良かったなと思っていた時がありました。

70位中30位~40位だったので「これ以下にならないように頑張りなさい」と成績表を見ては言っていました。
まだ希望校の合格範囲内だったのでこんなのんきな事が言えていたのでしょう。

中学3年生になり周りの友達や先生達と進学の話をするようになったようです。
元々勉強は好きじゃない息子は毎日聞く受験生や進学の言葉に嫌気が指したようです。

「俺、高校行かないで働く」と言い出しました。
理由を聞くと「勉強と学校が面倒くさい、早く働いて自分で稼ぎたい、そしたら母ちゃんも楽やろ?」と言いました。

正直、家計の事を考えてくれている事が嬉しかったです。
でも高校卒業させるまでは私の親としての義務だと思っているので反対しました。

そして、定時制高校の話をしました。
「今時、中卒じゃアルバイト位しかないし、大人になって仕事を探してもどこも雇ってくれる所はないから働きたいのなら、昼間働いて、夜間の定時制高校という選択肢もあるから、せめて高校は行きなさい」と話をしました。

この時、テレビや巷で聞く「母子家庭でお金がないから中卒で働き始めました」という言葉が頭を過ぎりました。
母子家庭の子供は私の息子も口に出したように母親に迷惑かけられない、少しでも家計の手助けをしたいと一度は思うのでしょうか。

シングルマザーの私にはとても有難い嬉しい子供の気持ちですが、子供の将来の事はいつも考えているし、息子の大工さんと建築士の夢を応援したいと思っています。
学費は何とかしないといけないし、何とかなると私は思っています。

息子に「母ちゃんだけの安い収入しかなくて家のローンもあって母ちゃんがたばこ吸ってるからお金がないと心配してくれるのはうれしいけど、ちゃんとあんたを高校卒業させるまでは、親としての義務だから心配しなくて良いよ。学費の心配はしなくて良いから、節約して」と言いました。

スポンサーリンク

何となく決めたような進路

その後、夜間定時制高校を視野に入れている息子。
友達のお父さんの会社が中卒で働いて定時制に行かせてくれると情報を仕入れてきた息子が私に「○○にお父さんに頼んでもらった」と言いました。

本気で定時制高校に行くつもりなのかと聞くと、頷きます。
自分の夢は諦めたのかを聞くと、諦めてないけど早く働きたいと言います。

マイペースで自由児で自分に甘い息子が仕事をしながら、定時制高校に通えるなんて思えません。
仕事をしながら、高校に通うことがどれだけ大変で、しんどい事なのかを話て、今の貴方にはその環境はこなせないとはっきり言いました。

定時制高校に通うのは悪いことじゃない、でも昼間は仕事をすることが絶対条件だ。と念を押しました。
昼間はゴロゴロして夕方から学校だけ行くとかは絶対に許さない、そんな事したら定時制も辞めて本気で働いてもらうと私の強い気持ちを伝えました。

お金が欲しいなら、普通に高校に行ってアルバイトしたらいい。
アルバイトしてお金を稼ぐという事がどれだけ大変かを経験してから社会人になっても遅くないと話をしました。

「高校には中学校にない楽しさがある。高校生だから出来ることも、高校だから出来ることがあるから、どうせ働かないといけないんんだから、15、16歳から働く必要ないでしょう。今しかできない事をしないでどうするの?」と言うと私の言っている事が分かったのか何となく頷きました。

高校進学についてここ4ヶ月ほど話をしていますが、何だかんだと自分で行きたい高校の体験入学に申し込みをしていて、この夏休みに1人で初めての場所に電車に乗って行って来ました。

私の方が心配していて、息子は何事もなく無事帰って来ていました。

そして、今は人からどこの高校に行くのかを聞かれるとはっきり「○○高校」と自分が希望している高校を言うようになりました。

まとめ

息子が小学校の時、シングルマザーの友達に「中卒で働いてくれたら助かるよね」と話したことがあります。
でもこれは、私の勝手な言い分でした。

息子と進路について話をしていたときに「自分がこうだからこういう進路に決めた」と言うのなら反対はしないと私は良いお母さんのつもりでした。

私の30年前とは時代が違うんですよね。
大学に行くのが当たり前のような時代で子供が「高校に行かないで働く」と言ったからって、自分がそう決めてるのなら良い。と反対をしない事は子供の事を考えているのかなと思いました。

色んな事情で高校に行けない子供はいるでしょうが、理由も目的もなく高校に行かない子供はいないのではないでしょうか。

これから本格的に高校受験に向けての指導や勉強が始まる訳ですが、何とか自分の夢に近づけるように自分の決めた高校に無事入学できるよう頑張ってほしいものです。

勉強の手助けはできませんが、しっかり応援していきます。

スポンサーリンク

-学校
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもの行事ごとは一苦労 母子家庭のペースでこなしていこう

楽しいけれど、色々準備が大変な行事ごとに困ることはないですか? 仕事をしていなければできることも対応できずに困ることがあります。 シングルマザーなので、自分の代理がいないので困ることがあります。 スポ …