シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザーの頼もしい心強い友達と愉快な仲間達との友情の輪

投稿日:

中学3年生の息子1人を持つシングルマザー歴14年半が経過しました。
息子と2人、母子家庭をそれなりに満喫しています。

未婚の母となる事を学生時代からの友人達は励まし手助けも沢山してくれています。
そして職場で知り合った仲間からも応援され、助けられお金はありませんが、毎日充実した日々を送っています。

身内よりも何でも話せる友達、アドバイスをしてもらえたり、してあげたりできる仲間達がいる事に感謝です。
シングルマザーでも笑って楽しく、時には怒りと涙が出る事があっても頼もしい心強い友達と愉快な仲間達がいるからだと思っています。

スポンサーリンク
  

学生時代からの友人、親友

一番の親友は保育園からの同級生です。
現在47歳ですが、42年の付き合いをしています。
高校も同じ高校に通うことになり、その間はお互い別の友達ができたので一緒に過ごす事はあまりなく、卒業してからは殆ど会っていませでした。

地元の成人式で久しぶりに会ってそこから今に至ります。
彼女も離婚をしてシングルマザーとして介護の仕事をしながら大学と専門学校に通う娘2人を養っています。

彼女はシングルマザーになって仕事を見つけては経営不振を理由に解雇されたり、倒産したりで中々落ち着く仕事が見つからず、金銭的に養育費として家賃を旦那からもらっているにしろ、小学校、中学校に通う子供2人を養っていくには大変な思いをしていました。

高校の時の友達は私を含め4人と今でも付き合いがありますが、1人は最近結婚をして幸せな生活を送っていますが、この彼女も今に辿り着くまでは波瀾万丈な人生を送っていて、後2人はバツ2で子供のお父さんが2人います。
そして私は未婚の母とかなり強烈なメンバーです。

私が未婚の母となり介護職に就き少し収入が安定し、実家暮らしをしていたので僅かですが子供の教育費として貯金もできていた時です。
バツ2の内の1人からお金の相談をされました。その頃は彼女は2人の子供をもつバツ1のシングルマザーでした。
初めての事だったし、彼女がお金の相談をして来るって事は相当金銭的に厳しいのだろうなと思い、少しならと返事をしました。
でも別の友達にも私に相談してきた金額の倍の借金をしていると聞きました。
仕事もしているはずなのに、何でそんな大きな金額が必要なのかなと思い、私が貸すと彼女は別の友達のも返済しないといけないのに2重返済は厳しいのではなかろうかと、お金を貸してる友達に相談しました。

友達は「今は貸さない方が良いかもよ、2重返済は今の彼女には厳しいと思う」と私と同じ考えの返事でした。
お金が必要な理由も分かり、貸してあげたい気持ちは山々でしたが、ずっと友達でいたいし、彼女の考えを少し変えたらもっと前向きになれるはずと思い、お金を貸すことをやめました。

これが逆の立場だったら、友達じゃないと思うかもしれないし、へこむかもしれませんが、友達だからこそ突き放す事ができたと思います。

高校の時からの友達も親友もスウィーツなんてコンビニので上等、クリスマスデイナーなんて家で唐揚げ食べて上等など、雰囲気も色気もない生活を送っていますが、コンビニのスウィーツですら私たち母子家庭にとってはたまには良いよねの贅沢品なのです。

こんな友達がいるから、シングルマザーの大変さも分かち合えるし、手助けもしてもらったり、してあげたり励まし合いができるんですよね。

身内よりも頼もしい親友

2年前に私は子宮全摘手術を受け一週間の入院生活を送りました。
手術に当たり、万が一のために付添人が必要と言われました。

普通なら旦那さんが付添人になるのでしょうが、私には旦那はいません。
誰もいないからと言いますが、誰でも良いからと言われてしまいました。

病院は実家から車で混んでいなければ1時間ちょっと。電車は1本で行けますが駅から歩いて10分弱。
両親は70歳過ぎています。父はタクシーの運転手のバイトをしていますが、休日まで長い間車を運転するのも嫌だろうし、ましてや混雑している市内に出て行かせるのも申し分けないなと思うと頼むことができませんでした。

そこそこ仲良くしている義姉に仕事があるのを承知の上で休んできてもらえるかもと思い頼んでみました。
返事はあっさり「仕事がね」と断られてしまいました。
正直冷たいなと思いました。

親友に聞いてみようと聞いたところ、ちょうど休みだから良いよと即答でした。
ほんとに有難かったです。「持つべきものは友だ」と言うと、「お互い頼り頼られだからね」と頼もしいお言葉。

入院の日、電車で行くため駅で待っているとその友達から「今日も仕事休みだから病院まで送ろうか」と電話がありました。
最初断ったのですが、駅から一週間分の荷物持って病院まで大変だろうからと言ってくれます。
電車代も片道800円弱、都市高速代も同じ位だし、だったら病院まで送ってもらおうということで送ってもらいました。
旦那がいなくても友達がいれば大丈夫です。

手術の日も付き添いしてくれて、暇だろからと単行本を沢山貸してくれました。
手術の次の日にメールをくれました。

職場の仲間達からも手術前日に励ましのメールが沢山きました。
入院中もわざわざ遠くの病院まで仕事帰りにお見舞いにきてくれました。

手術の日仕事だからと断った義姉が兄と甥っ子と朝早くに病院にきていました。
嬉しかったのですが、シングルマザーの義妹が友達に義姉は冷たい人とか言われたら嫌と思ったか自分の株を上げるためだったかだと思います。
私、ひねくれていますかね?
手術が終わる前に帰ったらしく結局友達が終始付き添ってくれていました。

手術した夜、兄が息子と母を連れて又病院に来てくれました。
手術後で如何にも病人だった私を見て息子も心配したのか「母ちゃん、大丈夫?」と言ってくれました。

退院の日も偶然にも彼女が休みで迎えに来るよと言ってくれて最初から最後までお世話になってしまいました。

たまたま休みだったのもありますが、ここまでピシャリと合うなんてほんとに腐れ縁なんだろうなと思いました。

数ヶ月後、その彼女が簡単な手術のため1泊2日の入院をしました。入院の日が仕事で付き添えませんでしたが、退院の日は夜勤で午前中は時間があったのでもちろん迎えに行きました。

2人で「もういい歳だし、これからどんな病気になるか分からないから何かあったら助け合おうね」と話をしました。

私が中古の家を購入したのですが、彼女が遊びに来た時に笑いながら「この部屋電気ついてない」と言いました。
その部屋は普段は使わないから先で電気を付ける事を話していました。

彼女から数ヶ月後に電気要らないかと電話がありました。引っ越しした時に親戚から頂いたけど、使わないからとの事。
遠慮なく頂き付いていない部屋に取り付けました。
彼女曰く電気要らないなと思ったと同時に私が浮かんだそうです。

何だかんだと頼もしい親友です。

シングルマザーのお仕事

シングルマザーの友達私を含め3人は介護の仕事をしています。
2人とも私が途方に暮れないでいい仕事と割り切ってがんばろうよと全く畑違いの職業である介護の仕事を勧めました。

自分も畑違いで未経験で収入は少なくてもいつ倒産や解雇と心配しながら仕事をするよりも途方に暮れることなく安定した収入が欲しいと思い介護の仕事に就いて2年から3年目の時でした。

バツ2の彼女は絶対に介護なんて出来ないと言って実家のお店と水商売を辞めてからショップの店員さんをしていましたが、洋服代や装飾品でお金は掛かる上にシングルマザーで3人の子供を養っていくのは厳しく、ショップも暇で時間が経たなくて余計な事ばかり考えてしまうと言いました。

介護の仕事は忙しく心身ともに疲れるけど、時間が経つのは早いし、忙しいから余計な事考えなくていいと話しました。
数ヶ月後、彼女は介護業界に足を踏み入れ、子供3人は実家の両親に看てもらい夜勤もして正職員として働き始めました。

スポンサーリンク

そして今は私と同じ介護福祉士の資格を取得し更にうえのケアマネジャーの資格取得へと突き進んでいます。

親友も倒産や解雇で中々安定した仕事が見つからず、保険の外交員をしていました。
私も経験していたので口で言われる程の収入はなく、自由があるようでない事も知っていました。

この頃、収入が不安定で子供は中学生と小学生だったと思います。
それなりにお金は必要です。彼女からお金の相談をされる事がありました。
その頃は私は実家暮らしでしたので余裕はなくても食べるには困る事はなく少しの貯金はあったので僅かなお金ですが貸してあげていました。

母子家庭の1000円は世間の1万円位の価値があります。
節約して1週間を1000円で食いつないでいくことは当たり前の事です。
そんな生活をしていると分かっていたから貸すことが出来ました。

そして彼女は保険の外交員を辞め失業保険と元旦那からの養育費で数ヶ月を過ごし仕事を探していました。
私たちは40歳過ぎています。
今更ボーナスが貰える正職員なんてありません。

彼女の子供は女の子2人で、ある程度の事は自分達で出来ている子で実家のお母さんは車も乗れるし、実家も学校に通うにしても同じ町内だったので何の問題もありませんでした。

私はまだパートで介護の仕事をしていましたが、実際50歳過ぎて入職して数ヶ月後には正職員となりボーナスもあるこの業界を彼女に勧めました。

彼女もやはり抵抗があったようですぐには行動に移しませんでしたが、仕事が見つからない現実を目の当たりにして介護業界に足を踏み込む事になりました。

全くの未経験で良い職場に巡り会えず、途中焦っていましたが、派遣会社に登録をして派遣先の病院で正職員となり夜勤もこなし今は娘2人は大学生と専門学生です。
お金に余裕はなくても下の子が私立高校で学費がかかったけどこの仕事をしていたから無事卒業させる事ができたと言っています。
今、娘2人はバイトして家賃半分払ってくれて親子3人で助けあって頑張っています。

もう1人のバツ2の友達も波瀾万丈な人生で、若い頃から水商売に足を突っ込みバブル全盛期真っ只中でかなりお金を稼ぎどっぷり浸かっていました。
しかし19歳で出産しすぐに離婚、水商売を辞める事なく、お店の寮に子供と2人で生活していましたが、お金はあっても19歳の若さで子育てが出来ず、実家の戻り、子供の面倒を両親に看てもらいながら水商売をしていました。
でも子供の事はほんとに可愛がっていました。微笑ましかったですね。

その頃私は20代前半、母子家庭で子供を養っていくって水商売しかないのかなと思っていました。
彼女の場合、水商売しか経験がないことと両親の理解と協力があったから出来た事なんでしょう。

その後彼女は再婚して子供を1人出産しました。
上の子を保育園に預けスーパーの裏方のパートに就きました。
少しほっとしたのを覚えています。

上の子が小学生に上がるのを機に旦那の実家で生活し始め小学校と保育園に通わせながらスーパーのパートをしていましたが、上の子が高校生に上がる時離婚しました。

その後病気を患い入退院を繰り返していましたが、元旦那と実家の両親の助けがあり子供達は不自由することなく生活はしていましたが、入退院を繰り返す事で仕事を辞める事になり又水商売に戻ってしまい、生活保護を受けていました。

でも自分たち親子だけで生活していたので立派だと思います。

40代半ば、上の子は結婚してママになり、下の子も社会人です。
水商売から離れ、今は離婚した娘のお世話になりながら孫娘のお世話をするためにまたスーパーの裏方の短時間のパートをしながら息子と4人で暮らしいます。

水商売とスーパーの裏方と全く違う仕事ですが、ようやく落ち着いた生活が出来るようになったようです。

パート勤務していた介護の職場で4人の子と婿養子と実家暮らしをしていた人がいましたが、私が一緒に仕事をしている間に離婚の相談をされ、考え直すように言いましたが、結局離婚しました。

2人の息子を私立高校に行かせ、中学生、小学生の子供を養っています。
その人とは今でも付き合いがありますが、お金がいくらあっても足りないと言いますが、何だかんだと子供4人を養っています。

まとめ

私の周りにはシングルマザーは多く、学生時代の友達も同じ業種の仕事をしながらお金に余裕がないにしても頑張って生活しています。
だから頼もしいし心強いし、同じ業種だからこそ愚痴が言い合えます。

皆共通して言えるのは夜勤や日祝日が仕事の時、子供を預ける所があるという事と、仕事だけどやはり子供の事を心配しているという事です。
子供と過ごす時間を少しでも沢山作りたいと思っています。

夜勤や日祝日に母子家庭でありながら母親がいなくて寂しい思いをさせているという罪悪感は常にあります。
でも子供達はちゃんと分かってくれているようで友達の子供も私の子供も皆ほんとに素直で誰1人、人様に指を指されるような子供ではありません。

少し変わっているところはあると思いますが。
それはそれで個性として見る事にしています。

因みに私の息子は2人で暮らすようになってから日祝日と夜勤について、たまにはいない方が1人で好きなように出来るから良いと言います。

今の職場で知り合った私より年上の仲間がいます。
未亡人とバツ1と単身赴任中の旦那さんがいる仲間。
3人とも2年前に辞めてしまいそれぞれ違う職場と専業主婦になっていますが、今でも仲良くしてもらっています。

3人とも子供は成人していて、そこまでお金には困っていないようですが、4人で集まるときは必ずシングルマザーで子育て中の私の都合に合わせてくれます。

夜とかお金の掛かるお出かけとかは事前に聞いてくれるし、素直にお金がないから無理だと断っても嫌な顔ひとつせず、私に合わせてくれます。

子育てをしてきてるから分かってくれるし、シングルマザーで頑張っていることも応援してくれます。
子育ての先輩として相談も聞いてくれるし、アドバイスもしてくれます。

近々久しぶりに4人で集まりカラオケに行く事を計画していますが、4人の都合が合わなくていつになる事やらです。
とても愉快な仲間達です。

シングルマザーは同じ境遇の友達がいると頻回に合わなくてもいつも一緒じゃくても安心できますよね。
色んな場面で困った時、相談できる友達は必要ですよね。

シングルマザー歴14年の私も地元ということもありますが、昔からの友人と職場で知り合った仲間といつまでもこれからも仲良くしていこうと思っています。

親友とは定年後は1週間旅行に行こうと話しています。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーにママ友って必要?こんなママ友なら大歓迎!

女って怖いです(笑)。 その中でも悩みのタネは「ママ友」。 子どもを介しての一定期間のお付き合いだけなのですが・・・これが面倒くさい! 私も「面倒くさい」「いらない」って感じていたので、自分から作る努 …

シングルマザーの自分の老後を考えた事ありますか?考えていますか?

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をして11年目になります。 目の当たりにする介護の現実を自分に起こり得る状況だと受け止めたくなくても受け止めざるを得ない事だと思う今日この頃です。 …

シングルマザーは忙しくて気づけない?小さい子どもならではの病気

余りの忙しさに子どもを病院に連れて行けないことがありませんか? ついつい子どもが元気そうなことにつられて、後回しにしたりしてしまいます。 スポンサーリンク しかし、少しの油断が子どもの病気を重症化させ …

シングルマザーの財布の中には少額のお札とポイントカード

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をしています。 仕事に行くとき、買い物に行くとき財布の中をチェックして余計なお金は持ち歩かないようにしています。余計なお金はないんですけどね。 私の …

母子家庭の贅沢は3年に1回の旅行とご褒美は月に1回のお出かけ

シングルマザー歴14年半の中学3年生の息子を持つ現在47歳で、介護の仕事をしています。 未婚の母となり、大事な愛息子に寂しい思いをさせまいと働く事14年半。 何も分からない4ヶ月前から保育園に預け、結 …