シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザーに保険は必要?本当に必要な保険に加入しよう。

投稿日:

生命保険って理解しているようで理解していないことが多いと思いませんか?

「保険は難しい」「営業マンの都合のいい保険に入らされる」「必要な保障ががわからない」
といった声をよく聞きます。

一般家庭と比べて、年収ベースが低いシングルマザーの家庭では様々な節約を考えていると思います。

保険料がもったいないから・・・と加入されていない家庭も多いのではないでしょうか。

でも、実はシングルマザーの家庭こそ、保険の加入を考えなくてはいけないんです。

シングルマザー歴10年、保険外交員経験者の筆者が、必要な保険をご紹介します。

スポンサーリンク
  

死亡保険

死亡保険って何?という方のためにわかりやすく説明すると
・死亡した時、もしくはそれに該当する重度の障がいを受けた時に支払われる保険ということになります。

シングルマザーの家庭で、ママに何かあった時のことって考えてますか?

既に独立されたお子さんがいらっしゃる場合は別ですが、未就学児や学生のお子さんがいらっしゃる場合は必ず考えなくてはいけない保険の1つです。

何もものすごく高額な保険に入る必要はありません。

1・何かあった時、子どもをお願いできる頼れる身内がいるか。
2・子どもの人数と、末子の子どもが大学を卒業するまでの年数。
3・家は賃貸か持ち家か。
4・加入している年金と健康保険の種類。

この4点で保険金の金額は大きく変わってきます。
理由は、死亡時に支給される金額や、今後の生活費に差が出る項目だからです。

何だか難しそうな話ではありますが、試算は保険担当者にお願いすれば簡単にできます。

我が家の場合、離婚した当時は子どもがまだ1歳だったので、3,000万円の保険に加入しました。
ちなみに頼れる身内もなく、家は市営住宅、国民健康保険と国民年金という状況でした。

私が死んだ後の息子の生活に必要な金額と試算されたのがこの金額だったので、同じ保障で一番保険料が安い保険会社で加入をしました。

シングルマザーの家庭にとって、死亡保険は特に必要な保険だと言えます。

医療保険

死亡ほどのものではなくても、病気は生きていれば何かしら患うことがあります。

通院で完治するものであれば健康保険や医療費の助成で十分ですがガン等の場合は、長期の入院や手術、先進医療等が必要になってくる場合もあります。

シングルマザーの家庭で、ママが入院するということ。
それは仕事ができなくなるので、収入がなくなるということです。

病院代については収入に応じて高額医療費の制度等がありますがその間の生活費は誰も面倒を見てくれません。

「病気の時の入院費」と考えるのではなく、「入院費以外にかかる費用の補填」と考えるべきです。

医療保険は年齢が若ければ保険料も安いですし、掛け捨てのタイプであれば数千円で加入できますよ。

学資保険

学資保険は優先順位から行くと、一番最後になりますが入っておいた方が良い保険の1つです。

スポンサーリンク

シングルマザーの家庭でも、お子さんが大学に進学したり、私立の学校に行く可能性は十分にあります。

中には簡単に「奨学金で」という考え方の人もいますが、奨学金はあえて言うなら借金です。
それに借りるのはお子さんの名義になるので、お子さんが借金を背負うことになるのです。

だったら、小さい頃から少しずつ積み立てをして、何かあった時のために準備しておいてあげたいですよね。
学資保険に関しては積立のタイプなので、担当者の話をよく聞いて元本割れしない商品かどうかを確認する必要があります。

また「学資保険」という商品名でなくても、同じような目的で積み立てのできる保険商品もあります。

月々何万円も支払うようなものではないですし、お子さんが小さいうちに入れば入るほど月々の負担は軽くなります。

経済的に若干余裕があるのであれば、是非加入をお薦めしたいと思います。

まとめ

以上、簡単に必要な保険に関する紹介をしました。

どれも生活に余裕がなければ加入できないものですがシングルマザーとして、お子さんに対する将来の不安は少しでも解消することができると良いと思います。

現在ではネット型の保険もあります。
これは人件費を削減することで、保険料を大幅に安くした保険です。

支払い能力は十分にある会社が多いですし、見積もりはネットで簡単にできます。

また、来店型の保険会社もあります。
これは複数社の保険を取り扱う店舗に、自分で行って話が聞けるというシステムです。

公平な立場でアドバイスを行ってくれるので、「不要な保険を成績のために売られる」といった不安がありません。

ショッピングセンター等に併設されていることが多いので、気軽に相談することができます。

今すぐには無理でも、少し余裕ができた時に、一度考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

早めに考えるべき!母子家庭の公立学校選びと校区への引越し準備

シングルマザーになって実家暮らしをしない限り、住居探しの問題はなかなか深刻です。 とりあえず安い賃貸に入居したり公営住宅に入居したりと、お金がなければ経済面重視で考えがちです。 しかし、子どもが小学校 …

シングルマザーの財布の中には少額のお札とポイントカード

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をしています。 仕事に行くとき、買い物に行くとき財布の中をチェックして余計なお金は持ち歩かないようにしています。余計なお金はないんですけどね。 私の …

シングルマザーの子どもは寂しいのか?本当のところは?

シングルマザーは朝から晩まで本当に忙しいです。 子育て・仕事・家事をすべてこなしているのですからヒマなわけがありません。 経済的に余裕がないことも多いため、仕事を掛け持ちしたり残業で遅くまで働いている …

シングルマザーでも自分の家は持てます!むしろ持つべきです

32歳で未婚で1人息子出産し現在シングルマザー歴14年なります。昨年2月までは実家暮らしをしていました。 実の両親ですが、九州男児の昔気質の父とわがままな母に振り回されながらも未婚でシングルマザーにな …

母子家庭は問題が多いと思われがち?母子家庭というだけで受ける偏見

いつの時代も、母子家庭を冷たい目で見る人はいるものです。 しかしながら、世の人がいうほど、本当に母子家庭は問題が多いのでしょうか。 子どもにも多くの悪影響を与えるのでしょうか。 スポンサーリンク 今の …