シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

体験談

国際結婚そして離婚!離婚の原因は外国人夫の浮気とDVでした

投稿日:

このサイトではシングルマザーのいろんな離婚の原因や、子育ての体験談を紹介していきます。

今回は47歳シングルマザーの国際離婚体験談です。

苦労の末結ばれた国際結婚!

しかし待っていたのはアフリカ人夫の浮気とDVでした。

スポンサーリンク

外国人夫の浮気

今年、とうとう”シングルマザー歴が17年になりました!!

アタシが離婚したのは29才の12月。今年の5月で47才になります。

現在は、美容室の通訳・翻訳者として働く傍ら、在宅ワーカーとしても働いています。

離婚当時、長女は5才、次女は2才だったのが、今では2人とも私の身長をとっくに超えていっちょ前に生意気な娘達に成長しました。

それぞれの世界で楽しくしているのを、母ちゃんはちょっとさみしくも感じています。

一昔前は国際結婚も大変な時代だったけど、自分の体験も含めて、今は国際離婚もたくさんある時代になったんじゃないかなと思います。

アタシが初めて離婚を決意したのは、長女が生まれて実家に戻っていた時に元ダンの浮気が確定した時です。

当時、自転車で行き来できる距離に自宅と実家があったので、娘を母に見てもらっている間、自宅のアパートにちょっとした荷物を取りに行きました。

夜勤前に自宅にいる元ダンには何も言わずに(その時、なぜか予感みたいなものもあったんだけど)、いきなりアパートに行ったら、女と一緒にいるところにちょうど出くわして、元ダンはテンパってお互いを紹介するという・・・これを修羅場というのでしょうか?

私は話しも聞かず、とりあえず持ち帰る物を手にしてその場を去り、実家に戻れば、追いかけてくるのは目に見えていたので、実家には帰らず、駅の近くで時間をつぶしていました。

しかし授乳中だったからおっぱいが張ってきて、痛くてたまらなくなって、実家に帰ってみると、案の定、元ダンがいました。

その時に、「もう子どもは1人で育てるから、離婚するから」と伝えたけど、当時、オーバーステイで入国管理局での審理中だった元ダンからしたら、大変な事態だから、必死に懇願してきました。

母も何か察してたけど、私は国際結婚を喜んで認めてくれた両親に申し訳なくて、元ダンにされたことを言えず、その時はとりあえず離婚は留まることにしたのです。

それから、何度も浮気の影がちらほらしていたけど、離婚の決意を決定的にしたのは、元ダンの暴力でした。

アフリカ人特有の習慣とDV

最初の頃はこのことも両親に話せずにいました。

引っ越しして、実家から車で1時間程の所に住むようになってからも、平気でアタシと子どもの前で女と電話したり、自分が気に食わないことがあると、子どもの前でも暴力を振るうようになりました。

これはアフリカ人特有の習慣だと思うけど、財布のひもを夫が握るということもあわせて、もう我慢できなくなって、両親にも話し、実家に戻り別居して離婚調停を起こしました。

「母親が笑顔で生活できなかったら、子どもは幸せになれない」アタシはそう信じています。

結婚生活を続けていても、DVやモラハラで苦しめられている母親の姿を子どもが見ていたら、たとえ、両親が揃っていても、子どもは幸福感を味わうことはできないと思っています。

シングルマザーは経済的にも精神的にも苦しいことはあるかもしれないという不安はぬぐえませんでした。

それでも、アタシの子どもは毎日笑顔で育てたいと思ったから、家庭相談員や調停員の態度にも幻滅させられたりしたけれど、アタシはあの時行動に移したことを後悔はしていません。

スポンサーリンク

大変だったけど楽しい母子生活の毎日

離婚調停は約6カ月で終わって、約5年の結婚生活に終止符を打ち、晴れてシングルマザーになった時は、当時の職場の同僚から険しかった表情が和らいだと言われました。

それだけ大変だったんだな、と今になって思います。いや、たしかに、きつかったです。

国際結婚も手続きがいろいろあったりして、更に元ダンがオーバーステイだったせいもあり、入国管理局での煩雑な手続きも大変でした。

両親にも色々書類を書いてもらったり、何度も出頭(面接みたいなもの)したり、で大変だったけど、それよりも離婚はきつかったです。

離婚しちゃったら、すごく身も心も軽くなりました。

調停で取り決めた養育費は一年もしたら滞るようになり、今では全く支払われていない状態なのは、策を失敗したなと思う点なのですが、そんな父親に二人の娘は愛想をつかしています。

離婚してからは、実家の隣の駅の近くで母娘3人で暮らして、17年。

この町でも古株になってきて、近所のスーパーでも、「あんなに小さかったのに大きくなって」とオバチャンたちに声を掛けられている娘達です。

アタシの結婚と離婚を何も言わずに見守ってくれた両親には、本当に感謝しています。

娘よりも孫への愛情から、小さい時には保育園の送り迎えや食事や身の回りの世話、実家へ泊りに行ったり、いろんな所へも遊びに連れて行ってくれました。

娘達は祖父母の愛に包まれて育ったせいか、イジメや差別もなく、明るく友達も多い子どもたちにも感謝しています。

シングルマザーになってから恋愛もしたし、再婚も考えたこともあったり、望まれたりもしたけど、子育て中はやっぱり娘達のことが一番で、楽しい母子生活の毎日だったように思うのです。

やっぱり毎日笑顔でいられるのは大切なんですね。

あとがき

苦労の末の国際結婚からの離婚。

彼女の場合はご両親の協力が大きかったのではないでしょうか。

母親と祖父母の愛に見守られ、二人のお嬢さんは幸せに育ったみたいです。

イジメや差別も無かったとの事、本当に良かったです。

スポンサーリンク

-体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

調停離婚は辛かったがやってよかった!シングルマザーを選んだ理由と現状

夜逃げのように家を出て翌年離婚 私は33歳、今年小学生になった息子が1人います。平成25年9月に夜逃げのように家を出て、翌年6月に離婚したシングルマザーです。息子と2人、実家の近くのアパートで暮らして …

わずか1年8か月の結婚生活!夫には債務整理の返済と風俗通いが発覚

今回は34歳、コールセンターの管理者として働くシングルマザーの体験談です。 元旦那は中学の同級生、同窓会で再開し交際1年で妊娠が発覚、入籍しました。 スポンサーリンク 結婚後もわずかな生活費しか入れて …

シングルマザーの子育て体験談!離婚の理由は性格の不一致

このサイトではシングルマザーのいろんな離婚の原因や、子育ての体験談を紹介していきます。 スポンサーリンク 今回は38歳シングルマザーの子育て体験談です。 2人の子供がいながら離婚を決意。 その理由は夫 …

私は0歳の時から母と2人きり世間一般でいう母子家庭で育ちました

0歳の時から母と2人きり 私は0歳の時から母と2人きり世間一般でいう母子家庭で育ちました。母は身体が弱く、入退院を繰り返す生活でしたので、私は中学入学まで親戚に預けられたり 祖母と過ごす日々がほとんど …

授かり婚で結婚して3年目に離婚!価値観のズレから近寄れなくなり…

今回は29歳パート勤務のシングルマザーの体験談です。 子どもの事は好きだが家事や育児は全く手伝ってくれない夫。 スポンサーリンク 価値観の違いからお互い近寄ることができなくなってしまい…。 授かり婚で …