シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザーにママ友って必要?こんなママ友なら大歓迎!

投稿日:

女って怖いです(笑)。

その中でも悩みのタネは「ママ友」。

子どもを介しての一定期間のお付き合いだけなのですが・・・これが面倒くさい!

私も「面倒くさい」「いらない」って感じていたので、自分から作る努力はしませんでした。

でも。

「ママ友なんて特にいらない」と思っていた筆者が、実際ママ友に助けられたり、支えてもらったりして「この人がいて良かった」と思えるような経験ができたことがありました。

シングルマザーだからこそ、時には必要と言えるママ友。

そんなママ友選びはどうしたら良いのか?
どんなママ友には注意しなくてはいけないのか?

筆者の体験も交えてご紹介します。

スポンサーリンク
  

同じシングルマザーの人

保育園や小学校で、シングルマザーの人ってすぐわかります。

・参観日にはいつもギリギリで来る
・行事の時にはママしかいない

その他にも、何となく「雰囲気」でわかるんですよね・・・お互いに。

いきなり「シングルですか?」とは聞けないし、聞かれたこともありませんが気が付いたら話をしていたとか、子ども同士が何故か仲が良いとか、不思議なことに何かしら接点が生まれるんで。

シングルマザーのお友達は、とても頼りになります!

まず、境遇が似ているので、かなり込み入った相談でもすることができます。

自分はこうした、ああしたという体験談を聞くだけでもタメになったり、子ども同士の仲が良ければ、仮に具合の悪い時にちょっとみてもらう・・・なんてこともできます。

またシングルマザーはお互いに忙しいので、公園○○とかランチ○○とか、余分な時間を費やすことができません。
でもそれがかえって依存し合わない関係を構築できる1つの要因と言えます。

お互い持ちつ持たれつという関係のママ友は作るべきです。

興味本位の人

こういう人には要注意です。(笑)

・顔が広く、いろいろな人とのつながりがある
・それほど親しくないのに、べったりとした関係を望んでくる

これってただの興味本位なんですよね。
「シングルマザーってどんな感じで生活しているの?」とか「何で離婚したの?」とか。
もう本当に大きなお世話!なんですが、興味のある間はかなり接近してきます。

でもこういう人って、心の底から心配してくれているわけではないし、逆に「他人の不幸は蜜の味」っていうタイプが多いのが特徴。

何か困って助けを求めても「忙しい」だの何だのと理由をつけてばかりで本当に頼ることはできません。

自分のテリトリーに足を踏み入れられることがないようにバリアを張っておく必要があります。

価値観が似ている人

価値観ってとても難しいですし、なかなかピッタリ合う人はいないでしょう。
ただ違和感なく付き合えるという意味での価値観が似ている人は友達として最適です。

例えば
・子どもへの怒り方・タイミング・教育方針
・金銭的な価値観

こういったものがネックになります。

スポンサーリンク

「とてもいい人なんだけど金遣いが荒くてついていけない」とか「子どもの習い事のことについて意見が合わない」なんて言うことがあったら、あまり深入りしないほうが身のためです。

でも「何となく合うな」というのはお互いにわかりますので、長所短所含めて、似ているタイプの人は永いお付き合いができます。

子どもを巻き込む人

これも本当に要注意です。

ママ友同士のいざこざやマウンティングに子どもを巻き込むタイプの人です。。

どういう教育をしているのか知りませんが、「世の中金、金を持っている人が一番」みたいな感じで自分も偉いし子どもも偉い。

「○○さんのおうちはシングルでパパがいないから大変ねぇ~」という母親の態度を、そのまま子どもが引き継いでいるんです。

自分だけならまだ我慢できますが、子どもまで巻き込まれるとなると話しは変わります。

こういったタイプの人は本当に近寄らないことをおススメします。

大抵派閥のようなものを作っていて、いつも金魚の糞のように複数人で行動し、我が物顔で闊歩していることが多いですが、そんな派閥に入らなくても生死には関係ありません。

とにかく「ご挨拶だけの関係」にとどめておくことが大切です。

まとめ

シングルマザーは忙しいです。

のんびりできる時間などほぼ皆無に等しいですが同じ思いをして頑張っている仲間がいると思えるだけでちょっと頑張れたりします。

実の親には心配かけたくないから・・・と言えないような相談も同じ境遇のシングルマザーであれば、きちんと話を聞いてくれて、わかってくれます。

具合の悪い時に買い物をしてきてくれたり、子どもを預かってくれたり。
逆に相手が大変な時は我が家で子どもを預かったり。

そんな関係のママ友だったら本当に心強いです。

筆者は離婚して17年になりますが、子どもが保育園自体のシンママ友とは未だに仲良くしています。

「この年になって、こんなに仲良くなれる人ってまだいたんだ!」ってお互いに話しているほど様々な面でサポートし合い、協力し合えた友達です。

彼女のような存在は、シングルマザーの人たちにとっても必要な存在です。

選ぶ権利は自分にありますので、自分の中で違和感のない友人を作って、支え合うこともシングルマザーにとっては嬉しいことです。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なかなか病院に行かないシングルマザーは病気を怖がるべき!

病気になることはありませんか? 病気になっても、仕事もあり、育児もありでなかなか病院に行けないことが多いです。 しかし、油断していたらいきなりちょっとした継続治療が必要な病気になってしまいます。 スポ …

シングルマザー必見!子育てと両立できる仕事3選

シングルマザーの何が大変かと言えば、やはり仕事と育児の両立です。 子どもを育てながら仕事をするというのは思っている以上に大変です。 子どもが体調を崩せば、休んだり遅刻・早退をせざるを得ません。 スポン …

シングルマザーの自分の老後を考えた事ありますか?考えていますか?

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をして11年目になります。 目の当たりにする介護の現実を自分に起こり得る状況だと受け止めたくなくても受け止めざるを得ない事だと思う今日この頃です。 …

人付き合いが苦手でもいつも笑顔でいる!シングルマザーの交際術

シングルマザーになると、引け目からか、なかなか人付き合いが億劫になっていきます。 特に元来苦手だったりした場合、離婚後の自信喪失状態では余計に関わりをもてなくなります。 しかし、自分の殻にこもればこも …

親しき仲にも礼儀あり!母子家庭を助けてくれる実家について考える

母子家庭で頑張っていると、一人で頑張ることに心も体もフラフラになって疲れ切ることがしばしばです。 母子家庭になったからこそ、誰かが助けてくれることがありがたい、としみじみ感じます。 実家が近くにある場 …