シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザーの節約って何ができる?おススメの節約術

投稿日:

世間一般では、シングルマザーの収入は一般家庭よりも低いと言われています。
正規雇用の難しさや養育費の未払いなどがその背景にはあります。

でもそんな中、多くのシングルマザーの方は子どものために少しでもと節約して、頑張って生活をしています。

でも簡単に言うけれど節約って難しい!

自分では節約しているつもりでも、なかなかうまくいかない!っていうことはないでしょうか?

そこで今からすぐにでもできる節約術について3つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

プチぷら商品の導入

今、プチぷらの物ってとても種類が多いですよね。

洋服、化粧品、靴、美容院等、そこまでお金をかけなくても十分満足できるクオリティを提供してくれます。

生活が軌道に乗るまでや、子どもの学校でお金が掛かったりする間は、プチぷらを活かす生活をしましょう。

美容院は数千円もかけなくても1,000円でカットできるお店もたくさんあります。
中には次回も指名したいほど上手な美容師さんもいます。

洋服も通販サイトやファストショップで何にも問題ありません。
化粧品もカウンセリング化粧品じゃないとダメ!ではなく、高品質低価格の物を探してみましょう。
特にマスカラやアイブローは安くても良い物がいくらでもあります。

靴やバッグも同じです。

でも安いからと言って量を多く買っていたら意味がないので吟味して「安いけど良い物」を探してみて下さい。

意外とその過程が楽しかったりします。

プチぷらでも十分ということがわかると思いますよ。

ネットオークションの利用

現在はネットオークションが非常に盛んです。

自分ではいらないと思う不用品が、欲しい人にとってはお金を払ってでも欲しい物なんです。

これってスゴイことですよね。

ちょっと汚れた子ども用品とか、サイズの合わなくなったフォーマルウェア、余っている食器等も出品が可能で、買い手もつきます。

そんなに莫大な利益を生むわけではないですが、捨てるはずだった不用品がお小遣いに変わるのは嬉しいです。

ハンドメイドが得意であれば自分で作った作品を売買することも可能です。

フリーマーケットより手間がかからず、同じような売り上げが得られるので荷物の片付けや衣替え等の際に、是非挑戦してみて下さい。

究極の方法!収入を増やす!

いろいろ節約の方法は試している、余分な物にお金は使っていないのに貯まらないどころか足りない。

そんな声をよく聞きます。

収入から支出を引いて余った分が貯蓄に回せる金額ということになりますが、収入と支出の金額がイコールに近ければ近いほど、お金は貯まらない計算になります。

支出の分を減らすためにたくさん努力をしていても効果のない場合は、収入を増やすしかありません。

収入を増やすと言ってもこれには条件や方法があります。

スポンサーリンク

・副業やダブルワークができる状態か?
・持っている資格を活かすことはできるか?
・転職は可能か?

手っ取り早いのは、今の仕事より給料の高い仕事に転職して、収入面をUPさせることなのですが、なかなかうまくいかないことが多いです。

そんな時は・・・副業をおススメします。

今でもダブルワークで働いている方は多いと思います。

ただ副業としてもう1つ在宅での仕事を増やせるのならプラスアルファの収入になりますよね。

おススメなのがクラウドソーシングです。

文章の執筆やハンドメイドの作品、システム開発やデータ入力など1つの分野だけではなく、自分の好きなこと・できることが仕事として成立し報酬を得ることができるのです。

クラウドソーシングは運営会社のサイトに無料登録してそのサイトの中で仕事を探します。

いきなりフリーランスとして行うのは少々ハードルが高いのであえて副業として、プラスアルファの収入が増える手段として利用してみるのがおススメです。

まとめ

節約術は人それぞれ工夫されているものがあると思います。

ただ、どうしても節約できないものもあります。
そういったものは必然的に出ていくお金なので節約の方法がありません。

食費・光熱費・通信費・保険料・・・
見直しは必要ですが、あまり頑張りすぎると心が折れてしまいます。

一生懸命節約に取り組んでいる姿を、お子さんは必ず見ています。

贅沢はできないけど、節約ばっかりだけど、一緒にいることが楽しい!

きっとお子さんはそんな風に思っているはずです。

諦めずに、腐らずに。

いろいろな方法をトライしてみて下さい。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーに保険は必要?本当に必要な保険に加入しよう。

生命保険って理解しているようで理解していないことが多いと思いませんか? 「保険は難しい」「営業マンの都合のいい保険に入らされる」「必要な保障ががわからない」 といった声をよく聞きます。 一般家庭と比べ …

定年後は自分の趣味で生計を立てる事を夢みるシングルマザー

現在47歳、中学生の息子を持つシングルマザーです。 今は介護士として長期療養型の病院で働いています。 私には夢があります。 スポンサーリンク 金銭的には不可能と思える夢ですが、身体と頭がしっかりしてい …

シングルマザーの頼もしい心強い友達と愉快な仲間達との友情の輪

中学3年生の息子1人を持つシングルマザー歴14年半が経過しました。 息子と2人、母子家庭をそれなりに満喫しています。 未婚の母となる事を学生時代からの友人達は励まし手助けも沢山してくれています。 そし …

離婚しても大丈夫?シングルマザーの生活はどう変わるのか。

何かしらの理由があって、結論として出した離婚という選択肢。 理由は人それぞれですが、父親の存在する一般の家庭から母親のみの家庭になるということはかなり大きな変化を生み出します。 では具体的にはいったい …

シングルマザー家庭での子どもへの愛情は十分足りていますか?

アタッチメント不足が社会でも問題になっています。 母子家庭に限らず両親揃った家庭でも多く起きている問題です。 母子家庭では、特に核家族の場合は愛情不足になっていないか不安なところです。 スポンサーリン …