シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

手当

福祉に頼れず意地で自立を選ぶシングルマザーが本気で気をつけること

投稿日:

福祉に頼るか正社員で働くか、シングルマザーが絶対考える最初の壁です。

権利として存在しているのに、世間の風潮が冷たく、福祉や手当を躊躇する人もいます。

それ以前にシングルマザーになって、意地になってしまう人もいます。

意地になって生きていくのは全く悪いことではなく、ある意味逞しいです。

しかし子どもとの関係もあり、意地になりすぎては問題です。

今回はその問題点について考えてみました。

スポンサーリンク
  

自立を望むシングルマザー

離婚してまず仕事を探すにあたって、当然子どもの年齢や子育てや、生活にかかるお金を考えながら、自分がどう働いていくかを考えます。

シングルマザーの場合は、パートやアルバイトをして年収を抑えれば、色々な手当や支援が受けられます。

実際、それを受けるのはシングルマザーの権利ですし、仕事をほどほどにする方が子どもとの時間もたくさん作れて、片親になっても愛情をたくさん注いであげる時間が作れます。

しかし、中には、結婚前は仕事に全てを捧げていた人もいて、そういった人は夫と別れ自由になり、自然と再びバリバリ働くことが当然と考え始める人もいます。

そういったシングルマザーは、離婚後は自分の稼ぎで子どもを大学まで行かせてとか、自分も管理職を目指してなど、子どもとの時間よりも将来的な展望を考えてしまいがちです。

子どもが小さくて手がかかっても、仕事の手は抜きませんし、子どもをきちんと可愛がるしきちんとしつけも教育も与えようとしますが、仕事の比重と比べると確実に子どもにかける時間は少ないです。

一度家庭というものに入って、子どもを出産して、そして幸せな家庭を築こうと頑張ったにもかかわらず、失敗した反動が余計に気持ちをはやらせます。

離婚した夫を含め、男なんかどうしようもない人間ばかりで、自分は同等に働くのだと意地になり、福祉や手当に頼らずに生活するんだと意気込みます。

シングルマザーでも、子どもも自分一人できちんと立派な人間に育てるし、男にも福祉にも絶対頼らないし、シングルマザーだからと馬鹿にさせない!と意気込むのです。

仕事と子どもの比重

そういった意地になったシングルマザーは、基本的に平日朝から働き、残業も頑張ってこなしますし、土日出勤も厭わないです。

当然社内での成績を上げることにも執念を燃やしますし、燃やして成績が上がれば給料に反映されて、給与や賞与は他のシングルマザーと比べても高給取りになります。

家にも仕事を持ち込むことがあるし、休みの日に仕事がらみの電話でもフリーに対応します。

では、子どもはどうなっているのでしょうか?

子どもは母親が仕事をしている間一人で母親を待ち続けます。

母親の「仕事だから」は免罪符であり、子どもにとっては仕事だから仕方がない、仕事を頑張ればうちは裕福になる、自分が辛くても我慢しないといけない、と洗脳されていきます。

子どもにとっての自分の感情は、母親に対してのわがままになると考えるので、学校の話も母親が疲れていれば何もしなくなりますし、自分の希望をほとんど言わなくなります。

母親にとっては、我儘も言わない、手もかからない、困ることが何一つない、で「本当にうちの子はいいこだな」になるのです。

スポンサーリンク

肩の力を抜こう

シングルマザーだと後ろ指をさされないように、仕事をまず頑張って、子どもも真面目になるように育てて、と肩ひじを張ってしまうのは理解できます。

しかし、シングルマザーという言葉と、人の目を気にしすぎて、それ以上に離婚してこういう環境になった自分に憤りを感じすぎて、肩に力が入りすぎていませんか?

離婚したことで、辛くて傷ついて屈辱を感じていて、自分の人生にとっての挫折だと思ってしまっているのではないでしょうか?

恐らく、肩に力が入りすぎていれば、いつか無理がたたって体を壊すかもしれませんし、どこかでお金以外の自分の生活が破綻します。

そんなに肩ひじ張った母親を見続けなければならない子どもも、辛いし苦しいでしょう。

貧困は辛いもので、人の心をすさんだものにしますが、子どもは余程の貧困でないと小さい時は認識できません。

バリバリ働く母親よりも、少し貧乏でも長い時間母親と居たいでしょうし、母親に話をたくさん聞いて欲しいでしょう。

誰も頑張っているシングルマザーが少し休憩しても責めませんし、他人に責められても気にしない方が精神衛生上よいに決まっています。

他人の言葉や、周囲の反応よりも、自分の意地よりも、一度立ち止まって少しだけ子どもに目を向けてみませんか?

まとめ

離婚して今までいたはずの父親がいなくなり、子どもには母親しかいません。

それだけでも辛いのに、母親が仕事に没頭して、子どもからすれば仕方ないこととは言え、心にぽっかり空いた気持ちは埋めれないままに過ごすことになります。

福祉に頼ることをまるで恥と言わんばかりの世間は、あくまで当事者ではなく第三者で、自分とは無関係の人間です。

母親にとって一番大事なものが何かを考えれば、子どもの気持ちをくみ取って安定させてあげることが一番です。

子どもが安定してから仕事に頑張ることもできますし、安定するまでの間、福祉や手当を利用して生活することも全然可能です。

仕事を一番にしたい母親が気をつけるべきは、仕事や自分の見栄に執着しすぎて、子どもとの関係が取り返しのつかないことにならないようにということです。

本当に、取り返しがつかなくなる前に、考えてみましょう。

スポンサーリンク

-手当
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーが安定して生活するために!手当について解説

シングルマザーが生活していく上で大変なのは、やはりお金です。 結婚している時とは想像もできないほど、育児をしながら働いて生活をしていくことの困難さが身にしみます 正直まだまだシングルマザーには親切でな …

シングルマザーなら手当や免除を遠慮なく受けるべきです

32歳でシングルマザーとなり、初めて母子扶養手当や母子医療証書、保育園料免除と就学援助などの母子家庭で受けれる制度があることを知り、遠慮無く受けて14年が経ちます。 スポンサーリンク 未婚で出産するに …

国が主体・自治体主体で沢山ある!シングマザーのための支援制度

シングルマザーで行政から支給される手当は多くの人が知っていると思います。 しかし、手当だけではなく、他にも少しでも生活が守られるように自治体によって支援がたくさん行われています。 スポンサーリンク 本 …