シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

働きながらの家事は大変!シングルマザーだけど手抜きをしてみよう!

投稿日:

働きながらの家事は本当に大変ではないですか?

私は結婚当時から料理以外の家事が苦手で、ずっと四苦八苦しながらやってきた人間です。

それなのに離婚した途端に「これは完璧にやってみんなを見返すぞ!」とよくわからない使命感に燃えました。

しかし予想以上に仕事をしながらする家事は自分をパンクさせてしまいました。

完璧主義を目指しながら、完璧主義になれないシングルマザーの人に是非とも手抜きをオススメしたいと考えます。

スポンサーリンク
  

シングルマザーの負い目

シングルマザーになったからといって、全てを完璧にこなさなければ、人様に後ろ指さされないようにしなければ、などど緊張してしまいませんか?

最初のうちは、ついつい肩ひじをはった状態で毎日を過ごしてしまいます。

仕事は当然手抜きができないけれども、家事もきっちりこなして、誰に見られても恥ずかしくないようにしようなどと考えてしまいます。

朝晩の食事も手抜きせずに手作りで!洗濯もきちんとしてアイロンもばっちり!掃除もこなして汚れのないように清潔な環境で!などと考えて頑張ってみるのですが、基本大雑把な性格だと長く続きません。

続かないことを承知で、「汚くしてたら親になにか言われるかも」とか「子どもには辛い想いをさせているから、せめて手料理を食べさせてあげないと」などと思い悩み完璧を自分で求めます。

でも、この考え方が、間違いなく自分を追い込んで、疲れを溜めに溜めてしまうことになります。

しかしながら、実際に保育園などで口出ししてくる先生はいるし、余計なお世話を言ってくる保育園の保護者もいて、負い目ばかり感じてしまうのです。

自分で手抜きOKラインを決める

しばらく頑張ってみたものの、とてもできないと思い始め、程よい方法を試行錯誤し始めました。

洗濯方法、服や下着のしまい方、掃除をどうするか、できる限り合理的に物事を進めるように、じっくり時間をかけて自分が自己嫌悪に陥らないギリギリのラインを定めました。

食費はできる限り少なくしないと厳しいのでお米は実家が暮れることに甘えていましたが、ずっと昔、まだ無洗米が始まった頃に玄米でもらい無洗米に精米して使うことにしました。

子どもはまだ小さかったので、普通の白米と無洗米の白米との違いがよくわかったなかったので、文句も言われることなく移行できました。

無洗米だとお米を洗う手間がはぶけて、その時間他の料理を作ることができるので非常に助かる方法でした。

おかずについては、特に何もしなかったし気にもしなかったんですが、子どもが冷凍食品やお惣菜を全く食べない子に保育園児ながら育っていたので、ここはあまり手抜きをしないようにしました。

次に洗濯ですが、十年以上前に購入した全自動洗濯機を使用していて、乾燥機能がついていないため、子どもが寝た後に必死で洗濯物を干し、取り込んだものを畳んでいました。

雪国に住んでいたので、体操服やその他諸々乾かないものも多く、悩みの種でした。

スポンサーリンク

必死で働いてボーナスがもらえるのに合わせて、色々な量販店の洗濯機を見て歩いて、冬のボーナス後に念願の乾燥機付きの洗濯機を購入しました。

ドラム式が流行っていたので、普通の型落ちでしたが、下着や靴下、しわにならない体操着などはすぐ洗濯でき、一気に楽になりました。

掃除は大きな箱に全てを放り込む!方法で、とりあえず散らかさないように気をつけ、箱は何を入れているか大雑把に分かるようにしました。

割り切ってやっていこう

毎日のご飯が少し手抜きになっても、運動会や遠足で子どもが大喜びするお弁当を作るとか、誕生日は豪勢にするとか、罪滅ぼしをしながらやっています。

全部完璧にこなして、全部が中途半端になるのが、子どもが一番困ることではないかと考えるからです。

子どもが少しずつ大きくなるにつれて、「手抜きしやがって!」と言われることも増えますが、「へへ」と笑いながら事情説明をしたらきっと少しは理解してくれます。

子どもが成長して身の回りの世話をするものが徐々に減ってくると、逆に家事に手が回ることも増えてくるので、その時まではそれなりに手抜きしながらやっていきましょう。

離婚する時に「もういいや!」という割り切りができたなら、「娘よすまぬ!次は頑張るぞ!」と割り切りながら息抜きをいれながら続けることが一番です。

まとめ

離婚後の「シングルマザーだから完璧にみせる」とか「子どもに不自由させないように、シングルになったからこんなことになったと思われないようにしよう」いった気持ちはめまぐるしく過ぎる生活にかき消されていきます。

その気持ちは自己満足だったのかもしれないし、見栄っ張りな感情だったのかもしれません。

でも、決してダメなことではなく、それ位の気概は絶対必要ですよね。

必要ですが、シングルマザーであろうと両親揃っていようと、主婦業が完璧にできる人はできるし、できない人はできないです。

人様の家庭は人様の家庭、自分の家庭は自分と子どもがどこかでいい着地点を見つけられるように、堅苦しくなくホッと過ごせるように、周りなど気にせずに作っていきましょう!

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

定年後は自分の趣味で生計を立てる事を夢みるシングルマザー

現在47歳、中学生の息子を持つシングルマザーです。 今は介護士として長期療養型の病院で働いています。 私には夢があります。 スポンサーリンク 金銭的には不可能と思える夢ですが、身体と頭がしっかりしてい …

離婚しても大丈夫?シングルマザーの生活はどう変わるのか。

何かしらの理由があって、結論として出した離婚という選択肢。 理由は人それぞれですが、父親の存在する一般の家庭から母親のみの家庭になるということはかなり大きな変化を生み出します。 では具体的にはいったい …

親しき仲にも礼儀あり!母子家庭を助けてくれる実家について考える

母子家庭で頑張っていると、一人で頑張ることに心も体もフラフラになって疲れ切ることがしばしばです。 母子家庭になったからこそ、誰かが助けてくれることがありがたい、としみじみ感じます。 実家が近くにある場 …

シングルマザーにママ友って必要?こんなママ友なら大歓迎!

女って怖いです(笑)。 その中でも悩みのタネは「ママ友」。 子どもを介しての一定期間のお付き合いだけなのですが・・・これが面倒くさい! 私も「面倒くさい」「いらない」って感じていたので、自分から作る努 …

シングルマザーに保険は必要?本当に必要な保険に加入しよう。

生命保険って理解しているようで理解していないことが多いと思いませんか? 「保険は難しい」「営業マンの都合のいい保険に入らされる」「必要な保障ががわからない」 といった声をよく聞きます。 一般家庭と比べ …