シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

シングルマザー必見!疲れた心を癒す魔法の言葉4選

投稿日:

「シングルマザーって大変だよねぇ・・・。」

簡単に言ってくれるなよって思うくらい、本当に大変です。

育児に仕事に家事に、ちょっと年齢がいくと親の介護とかも付録でついてきちゃいます。

シングルマザー歴10年超の筆者も、何とも言えない無力感や疲労感に襲われる時があって、ため息をついちゃうことがあります。
何となくネガティブな感じが漂うような、今一つ気分が乗らないような状態。

そんな時に元気をくれた言葉があって、今の私の原動力になっています。

言霊と言われるくらい、言葉にはパワーがあります。
どうしようもなく疲れたり、自信がなくなったりした時に思い出してほしい魔法の言葉を4つご紹介します。

スポンサーリンク
  

楽しめば楽になる

これは職場の上司が言ってくれた言葉です。

「大変だと思うと出口のないトンネルに入ったも同然。トンネルから出るためにもがくのは時間のムダ。とにかく状況を楽しめ。そうすればおのずと楽になる。」

仕事、子育て、家事を完璧にやらなきゃいけないと思い込んでいた私は、かなり余裕がありませんでした。
なので、この言葉を言われた時はちょっと腹が立ちました。

「勝手なこと言わないで。楽しいわけがないじゃない!」

でも、その後いろいろなことがあり、その都度心に引っかかっていたのがこの言葉です。

生活の基本というか、生き方の基本なのかなと感じています。

結婚できたんじゃん

独身の友人が言ってくれた言葉です。

シングルマザーって「失敗した」っていうことにすごくフォーカスして生きています。
離婚ってものすごいパワーを使うので、結婚した時の華やかさよりも、書類とか法律とか裁判所とか、かなり重たい印象の方が自分の中に残っているからかもしれません。

自分のせいで子どもをひとり親にしてしまった・・・そう思っていた私は、何となく卑屈になり、独身で仕事をばりばりこなしている彼女がちょっと羨ましくもあり、眩しくもありました。

そんな時に「いいなぁ、○○は。楽しそうで」といった私に、彼女が言い放ったのがこの一言です。

「男の人に1回でも結婚したいと思わせることができたのはスゴイ。私にはその経験がないからわからないけど、結婚できたんじゃん。」

確かに。物は捉え方によってずいぶん違うんだなあと実感させられた言葉です。

ママ大好きだよ

息子が4歳の時に言ってくれた言葉です。

私は息子が1歳の時に離婚しました。理由は元夫が仕事をしないことが原因でした。
そんな理由だったので慰謝料も養育費も貰えず、貧乏な実家の支援は望めず、カツカツの生活を送ってました。

生活のために仕事を遅くまでしていたので、息子はずっと寂しい思いをしていたはずです。
でも子どもなりにわかっていてくれたんだなぁと実感したのです。

その息子も今は高校生。大人の会話ができるようになったので、子どもの頃の話をできるようになっています。

「寂しかったけど、楽しかった。この家に生まれて良かったって思ってる。」

小さい頃にこう言ってくれたんだと話すと、さすがに恥ずかしそうに「そうか」と苦笑いしていますが、この言葉は本当に力をもらえた一言です。

スポンサーリンク

みんな大変なんだよ

一人で頑張っていると、自分のことばかりがフォーカスされて、周りが見えなくなってきます。
隣の芝生は真っ青に見えて、自分が一番大変、自分が一番不幸、自分のせいでこんな状況になっているんだと自分自身を追いつめてしまいます。

当時の私もそうでした。

たまに会う友人はみんな綺麗で、お金に困っている様子もなくて、旦那さんともうまくやっている。
何だか自分だけが不幸という感情に押し潰されそうな毎日でした。

そんな時、一緒に働いていた友人がボソッと言ったこの言葉に何となく救われたのです。

彼女は親がいませんでした。
正確に言うと、親が自分を育てられず、おじいちゃんとおばあちゃんに育てられたという状況でした。
そんなことは全く知らず、表向きの明るい彼女ばかり見ていたのです。

疲れて、弱って、愚痴った時に言ってくれたのがこの言葉です。

「みんな何かしら抱えて生きてる。あなたの目から見えない何かにみんな押し潰されそうになってる。でも生きて行かなきゃいけないから、その事ばかり考えていたら嫌になっちゃうから、何とか頑張ろうって踏ん張ってる。」

当時は少し「?」と反発心もありましたが、今となっては「確かに」と思える一言です。

まとめ

私の体験談を紹介しましたが、中には「そう?」と思われる言葉もあるかもしれません。

いろいろな状況でいろいろな人が精一杯頑張っている。
自分の視野が狭くなると、どうしてもそんな当たり前のことが見えなくなって、「自分だけ」と特別視してしまうことがあります。

でもそんな時に、このような言葉を思い出すことで、少し自分中心の考え方にストップがかけられて、冷静になれる瞬間があります。

言葉のパワーはすごいものがあります。
疲れた時、嫌になった時、泣きたい時・・・そんな時はこんな言葉もあるなと思い出してみて下さい。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーは忙しくて気づけない?小さい子どもならではの病気

余りの忙しさに子どもを病院に連れて行けないことがありませんか? ついつい子どもが元気そうなことにつられて、後回しにしたりしてしまいます。 スポンサーリンク しかし、少しの油断が子どもの病気を重症化させ …

なかなか病院に行かないシングルマザーは病気を怖がるべき!

病気になることはありませんか? 病気になっても、仕事もあり、育児もありでなかなか病院に行けないことが多いです。 しかし、油断していたらいきなりちょっとした継続治療が必要な病気になってしまいます。 スポ …

シングルマザーに保険は必要?本当に必要な保険に加入しよう。

生命保険って理解しているようで理解していないことが多いと思いませんか? 「保険は難しい」「営業マンの都合のいい保険に入らされる」「必要な保障ががわからない」 といった声をよく聞きます。 一般家庭と比べ …

シングルマザーが病気になったら子供と仕事とお金はどうする?

32歳で未婚の母として1人の息子を持つシングルマザーになり、入院なんか出産の時だけしかなく、病院に行くのは風邪をこじらせた時と歯医者くらいでした。 スポンサーリンク 約2年前の職場の健康診断で貧血がひ …

離婚しても大丈夫?シングルマザーの生活はどう変わるのか。

何かしらの理由があって、結論として出した離婚という選択肢。 理由は人それぞれですが、父親の存在する一般の家庭から母親のみの家庭になるということはかなり大きな変化を生み出します。 では具体的にはいったい …