シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

恋愛・再婚

シングルマザーは恋愛対象外?恋愛するにあたって考えておくこと

投稿日:

シングルになって、目の回る様な忙しい日々を送っているとふと「また恋愛したいな」なんて思うこと・・・ありませんか?

でも「そもそもシングルマザーって恋愛対象外なんじゃないの?」って臆病になっちゃう人も多いと思います。

男性から見てシングルマザーは本当に恋愛対象外なのか?
それとも恋愛の対象として考えてくれるのか?

これってシングルマザーにとっては死活問題です!

これから恋愛したいと考えている人も、現在進行中の人も。

恋愛をするにあたって、シングルマザーならではの考えておきたいことを3つ紹介します。

スポンサーリンク
  

恋愛対象にしてくれない男性にはこちらから近づかない

シングルマザーは恋愛対象なの?
この質問、答えはもちろんYESです。

でなければこの世の中に「子連れ再婚」「ステップファミリー」という単語は存在しません。

普通に恋愛から結婚までのプロセスを踏めることに間違いはないのです。

ただし、ここで気をつけなくてはいけないのは「子どもを犠牲にしない」ことです。

お子さんと彼氏の相性、彼氏の子どもに対する考え方、将来の家族設計。
そういった事をすべてクリアできれば、恋愛や再婚はとても素晴らしいことです。

でも1つでも不安要素があるのなら、その恋愛は待った!!です。

「こんな自分を好きになってくれた」なんていう風に卑屈になっていると、きちんとした恋愛関係は築けません。

シングルマザーであるが故の魅力は、その頑張っている姿なんです。
子どもを育てて、仕事もして、家事もやって・・・もしかしたら男性にはできないくらい、パワーをフル稼働して日々奮闘しているんです。

そんな姿をきちんと評価してくれない男性には、こちらから近づかないことです。

子どもを邪魔にしたり、更に頑張ることを要求するような男性は、こちらから恋愛対象外にするべきです。

恋愛と結婚は分けて考える

これはなかなか難しい問題です。

ただ、お子さんがいる以上「将来的に結婚も視野に入れてくれる」というのは、お付き合いをする1つの条件になることも事実です。

恋愛の対象としてだけで、責任や負担を負いたくないといういい加減な男性の場合は、お子さんのことも何も考えず、自分達のことばかりになりがちです。

いくらお互いにその人のことが好きでも、独身時代の恋愛とは違います。

お子さんを巻き込めないのなら、恋愛だけでとどめておくべきですし、「みんなで一緒」ができるのであれば、結婚も考えてお付き合いする。

そういった独自の物差しが必要になってきます。

恋愛をするなということではなく、相手の状況を見て、自分で判断するということです。

自分の状況をきちんと伝えてから付き合う

シングルマザーといっても、お子さんが近くにいない状況で出会っていれば、お互いの生活状況まではわかりません。

そんな時に恋愛が始まったとなると、自分がシングルマザーであるということをきちんと伝えられないままの可能性があります。

とにかく早めに「子どもがいる」ということをきちんと伝えましょう。

スポンサーリンク

その上で、お付き合いが始まるのなら、それはとても素敵なことです。

では、逆にシングルマザーを恋愛対象としない・できない男性はいるのでしょうか?

二人きりの時間が欲しいと思う男性

恋愛自体をとてもロマンチックに捉える人がいます。

二人だけの時間を大切にして結婚をしてもいつまでも男と女でいたいと思うようなタイプの人です。

こういった男性は、お子さんの存在を疎ましく思うことが多いです。

お子さんがいることをわかった上で、二人だけというシチュエーションを作ってくれるのは嬉しいですが、お子さん抜きでの考え方には添えないのが現実です。

こういう男性はシングルマザーという現実を受け入れてはくれません。

軽い関係を望んでいる男性

シングルマザーは不倫のターゲットにされることがあります。

理由は独身女性ほど結婚に執着しないからと、男性側が勝手に思い込んでいるからです。

結婚を前提としたお付き合いが面倒だと感じる男性にとっては、かなり都合の良い存在に成り得てしまうのです。

こういった男性とは、将来を見据えることはできません。

軽い関係を続けるほど、シングルマザーは暇ではないので、とっとと見切りをつけたほうが良いでしょう。

まとめ

シングルマザーは多かれ少なかれ、過去に傷ついています。
そして多忙な日々に疲れています。

そんな時に、少しでもホッとできる場所があるというのはとても嬉しいですし、辛いことや苦しいことがあった時に、支えてくれる人の存在はとても心強いものです。

自分らしく一生懸命頑張っている姿を見てくれる男性も必ずいるということ、
臆病になったり、卑屈になることはないということ。

でも中には、シングルマザーという事実だけで恋愛対象から外す男性もいるということ。

その両面を理解していれば、きっと素敵な恋愛ができるはずです。

最後に、「シングル」だけど「マザー」なんだということを忘れずにいてください。

スポンサーリンク

-恋愛・再婚
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーから再婚して幸せになった芸能人5選

シングルマザーにとって、再婚というのは選択肢の1つです。 このまま子どもと生きていくのか、それとも新しいパートナーを見つけて一緒に生きていくのか。 子連れでの再婚という少々高いハードルを選択する時もあ …

子供がいるシングルマザーでも恋愛は楽しんでいいんです

32歳でシングルマザーとなり、恋愛なんて考える暇もないほど育児と仕事と家庭に追われていた毎日、気がつけば35歳。 その時子供は3歳でした。その頃私は工場のパート勤務をしていて忙しくも楽しく毎日を過ごし …

シングルマザーだって恋愛したい!そんな時に気を付けることは何?

シングルマザーであっても恋愛がしたい! 彼氏だって欲しい! 好きな人ができればなおさら、そう思うのは当たり前のことですよね。 男の人に対するトラウマが解けてくる時期になれば、恋愛をしたいという前向きな …

シングルマザーはなぜモテる?遊ばれないために見極めよう!

以前大手の企業に勤めていた時、シングルマザーが大量にい勤めてました。 働き易いというわけではなく、給料やボーナスがよかった為に多かったと思われます。 しかし、一般の未婚女性もそれなりにいるにもかかわら …

シングルマザーが彼氏と同棲するときに気を付けること

シングルマザーが彼氏と付き合っていくうちに、「一緒に暮らしたい」と思うのはごく自然なことです。 でも、独身の時とは違います。 まずはお子さんを最優先で考えなくてはいけないし、お互いをいつ紹介するのか等 …