シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

恋愛・再婚

シングルマザーの再婚・ステップファミリーをうまく築くには?

投稿日:

シングルマザーで頑張ってきたけど、恋愛を経て再婚をすることはあり得ます。
相手の男性が初婚か再婚か、子どもはいるかいないか等の条件は様々ですが、新しく家族を作るという事に変わりはありません。

再婚によって血の繋がらない親子関係を築く・・・それがステップファミリーです。

「連れ子」と「実子」、「実の親」と「継母(父)」。
中には無理だと決めつけて、再婚の道を選ばない人もいるほど、複雑であることは確かです。

しかし中には、子連れで再婚をして、更に新しくお子さんを授かり、幸せな家庭を築いているシングルマザーもたくさんいます。

では幸せなステップファミリーを築くにはどんなことに気を付けたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク
  

再婚の前にきちんと関係を築く

シングルマザーやシングルファーザーが恋愛をする時には、子どもをないがしろにするわけにはいきません。
ある段階から子どもも含めて、一緒に出かけたり食事をしたり、中には一緒に住むという選択をされる人もいると思います。

親同士は事情も分かるし、いろいろなことを含めて恋愛をしていますが、子どもにとっては「この人誰?」から始まりますよね。
いきなり「ママだよ」「パパだよ」と言われても・・・というのが本音だと思います。

付き合っていく中で再婚を意識しているのなら、子どもとのきちんとした関係を築く必要があります。
紹介をして、お互いが理解し合える環境を数多く作ることが大切です。

安易に同棲したり紹介をしてしまい、結局別れてしまったという結果になった時に、子どもは混乱します。
その回数が多ければ多いほど、混乱するのは当たり前です。

ここは相手と子どもの間に入って、できるだけ良い関係が築けるように努力をするべきです。

出産に対する意識を確認する

筆者の周囲にはステップファミリーが数多くいます。
皆幸せに頑張っていますが、選択肢は2つに分かれています。

子どもを連れて再婚をし、更に再婚相手との子どもを授かった人。
再婚時に子どもは作らないと決めて再婚した人。
これはどちらも間違いではないと思います。

前者の友人は、とにかく自分も再婚相手も子どもが好き。
自分に2人の子どもがいての再婚でしたが、再婚相手の男性に「あと2~3人は欲しい」と言われて、出産を決意したパターンです。

後者の友人は、とても正直で誠実な再婚相手のケース。
彼女が女の子を1人連れての再婚でした。
再婚する時に「自分の子と愛情に差が出てしまうのが嫌だから、子どもは作らない。」と言われ、納得して再婚しています。

彼女たちは現在も非常に良好な夫婦関係、親子関係を築いています。
それは何より、出産に対する意識をきちんと確認できているからに他ありません。

再婚後の出産については、きちんと話し合っておく必要があります。

スポンサーリンク

両家の同意を取る

子連れの再婚というのは、かなりの割合で親族に反対されます。
特に相手が子連れで自分が初婚・・・なんてことになると、心配の度合いが高まり、止めておいた方が良いと言われることが多いです。

結婚というのは初婚でも再婚でも、祝福してもらってなんぼの世界です。

特に相手方の親族と上手くいかない状態で結婚して、誰が嫌な思いをするかというと、それはお子さんなんです。
相手方の親は「おじいちゃん・おばあちゃん」になります。
通常「おじいちゃん・おばあちゃん」という存在は、子どもにとってわがままを聞いてくれたり、たくさんほめてくれたりと、絶対的な愛情で可愛がってくれるものです。
それが違った場合・・・それは子どもにとって大きな傷となります。

特に連れ子と実子の差別をするような「おじいちゃん・おばあちゃん」だった場合、弟や妹はものすごい可愛がられているのに、自分は違うという状況を作り出してしまうことになるのです。

これは絶対に避けなくてはいけません。

万が一、時間をかけて説得しても同意を得られない場合は、その再婚はちょっと待ったです。

まとめ

3組に1組は離婚しているというデータがありますが、ステップファミリーも年々増加の傾向にあります。

ただし、連日ニュースで報道されている虐待の被害者は、連れ子であることが多いのも事実です。

ステップファミリーは確かに難しい家族構成ですが、再婚までのプロセスをきちんと踏まえて、お互いの意思確認ができていれば、こんな悲しいニュースはなくなるはずです。

みんなが幸せになるためのステップファミリーです。

再婚を考えている人はもう一度、原点に立ち返って「本当に子どものためになるのか?」ということを考えてみて下さい。

スポンサーリンク

-恋愛・再婚
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本当はどう思ってる?シンママの恋愛に対する子供の気持ちとは?

「シングルマザーだから恋愛をしてはいけない!」なんてそんなナンセンスなことは現在ではありませんが、再婚や事実婚に伴って子供が犠牲になる悲しいニュースは後を絶ちません。 虐待の被害者になるのは、実子より …

シングルマザーの恋愛相手は年下が多い!その理由は?

シングルマザーとして仕事も子育ても頑張っている! でも好きな人がいて恋愛もしている! というシングルマザーは非常に多いと思います。 年齢的なものもあると思いますが、独身の時よりシングルマザーになってか …

シングルマザー必見!彼氏との「別れ」について

シングルマザーって本当に忙しいです。 家庭を一馬力で動かすのって、並大抵のパワーではできません。 でもそんな中で、理解してくれる男性に巡り合えて お付き合いをしている人もたくさんいます。 スポンサーリ …

シングルマザーの恋愛は交際費が大変!どうすればいい?

シングルマザーで頑張っているママだって恋愛はしたい! シングルマザーだって、出会いはあります。 現在彼氏がいるという方も多いと思います。 彼氏は大好きだし、とても会いたいけれど、交際費が意外とかかって …

シングルマザーは恋愛対象外?恋愛するにあたって考えておくこと

シングルになって、目の回る様な忙しい日々を送っているとふと「また恋愛したいな」なんて思うこと・・・ありませんか? でも「そもそもシングルマザーって恋愛対象外なんじゃないの?」って臆病になっちゃう人も多 …