シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

貧困

母1人子1人の母子家庭ではどれくらいの収入で生活できる?

投稿日:

現在47歳、14歳の息子と母1人子1人の母子家庭のシングルマザーです。

今は介護職で働き月の手取り収入が15万~17万円です。
3ヶ月毎に振り込まれる児童扶養手当と児童手当で貯金まで回せたら良いのですが、現実は厳しいものです。

スポンサーリンク
  

給料と手当でその日暮らし

介護職として働き、月に4回~5回の夜勤をして交通費13000円を含めて手取り17万円程の給料になります。
4ヶ月毎に振り込まれる児童扶養手当が1ヶ月3万ちょっと、児童手当が月にすると1万円。
計算すると、21万円ほどの月の収入になりますね。

金額だけ見ると母子家庭で21万円あれば余裕だと思うかもしれませんが、実際はその日暮らしです。

いざと言うときのお金が無い、貯金は0円。これが現状です。

いざと言うときというのは冠婚葬祭や学校行事に必要なお金です。

結婚式は出席しなければしないで良いですが、身近な方の結婚式なら欠席するにしても何らかのお祝いは用意しますよね。
いくら後2ヶ月後だからと言ってもその2ヶ月後に用意できる余裕がない場合があります。

葬儀は自分がお世話になった方なら式に参列できないにしてもお通夜には行きます。
この時に包むお香典です。
場合によっては1000円すら厳しいときがあります。でも葬儀だけは急な出来事で見当がつかないものです。

この1000円をどうしようと本気で悩んだ事もあります。でも生活費から出すしかないわけです。
給料日前に1000円しかない事がしょっちゅうな私はかなり厳しいものです。

これが相手によっては2000円だったり3000円だったりするわけですよ。
たかが2~3000円と思いますがこの少額な金額さえ余裕がないのです。

でも知らん顔はできないので親に借りたり、カードローンから借りたりするわけです。
そしてその赤字部分を次の給料で補うからその月の給料がその分マイナスになるわけですよ。

給料をもらうと、今月は1万円残すぞと思うのですが、毎月その日暮らしとなっており貯金はできません。

後2万円でいいから欲しい

毎月後2万円あればと本当に思います。

この2万円は毎月カードローンの返済額です。
借りた時は何とかなるだろうと思っていたのですが、この2万円がかなり負担でマイナスになってしまっています。

私の手取り収入は16万~17万円。
カードローンの返済がなければ毎月黒字にはならなくても赤字にはなりません。

今更カードローンの事を後悔しても仕方ないのでただ返済していくだけしかないのですが、児童扶養手当やボーナスなどのまとまったお金が入れば5万円とかの返済をして少しでも減らそうとするものだから毎月の生活費に充てることができません。

後2万円、カードローンの返済がなければと本当に毎月思っています。

たかが2万、されど2万。
母子家庭には大きな金額です。

後何年かすればカードローンの返済も終わります。
それまでは貯金は無理でしょう。それまではいくら毎月21万の収入になってもその日暮らしの生活でしょうね。

借金も財産のうち

若い頃からお金に縁がない私です。
少しまとまったお金が入っても何かしらに消えていき、まともに貯金なんてしたことありません。

その分、自分のために使っていたんですけどね。
今でもそうですが、今月は少しお給料が多いから貯金に回そうと思っていても、まとまったお金が必要になることがしょっちゅうです。
おかげで今も貯金は0円。

スポンサーリンク

唯一貯金というと生命保険だけですね。

お金に余裕がないくせに「いつ死ぬか分からないのだから今を楽しもう」とか脳天気な事を言っているからどんどんお金が消えていくんでしょうね。

「借金も財産のうち」とか昔は良く言っていましたが、住宅ローンや自動車ローンの借金は財産になりますが、カードローンはただの借金です。
生活のためとは言え、もう少し節約していれば借金は無かったのではないかと思います。

子供が大きくなると16万~17万のお給料じゃ正直きついです。
世の中には私より少ない収入で節約しながら生活しているシングルマザーもたくさんいると思います。

その方達からしてみれば、贅沢してるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、現実は厳しいです。

いつか終わる借金を財産だと言える日が来ると信じて毎日を精一杯生きていきます。

まとめ

手当やボーナスなどのまとまったお金を毎月に振り分けて生活できれば少しは貯金もできるでしょう。

私の仕事は介護職ですが、月に4~5回の夜勤をして16万~17万円です。
夜勤を1回でも減らせば16万にしかなりません。

中学生とはいえ、まだまだ子供です。
私が夜勤の日に体調を崩したりしたら1人置いて行くわけにはいかないし、年老いた母に体調不良の孫の面倒を看てもらうのも抵抗あります。
そうなると私が夜勤を休まなくてはいけません。その月の夜勤が4回だったら3回になり、その1回分の夜勤手当がなくなり給料も少なくなります。

もっと夜勤をすれば給料も増えるのですが、自分の身体が慣れないことと、やはり息子の事を考えると今の給料以上にはならないでしょう。

毎月その日暮らししかできない収入ですが、これ以上借金を増やさない事と少しでも貯金ができるようになりたいです。
そして何とか最初に自分で計算した我が家の家計にたどり着けるように少ない収入と手当で頑張りたいと思います。

介護職の収入と手当で借金返済しながら自分の家を持つというのはシングルマザーにはかなり厳しい現状ですが、もう少し節約して息子が成人するまで頑張っていきます。

スポンサーリンク

-貧困
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーは貧困になりやすい?その原因と対策とは?

厚生労働省の調査によると、現在の母子家庭を対象にしたアンケートでは82%もの家庭が「生活に苦しい」という結果が出ています。 スポンサーリンク シングルマザーの家庭が貧困に苦しんでいるということは既に数 …

貧困でも生きていくためにシングルマザーができる生活形態とは

シングルマザーと貧困は切っても切れない関係にあります。 男女平等が叫ばれる現在においても、間違いなく女性への賃金格差や信用度は男性と比較して同等ではありません。 貧困でも差別されても、大事な子どもを一 …

母子家庭の節約は何をしたらいい?メリハリのある節約術を考えよう!

母子家庭になると、収入も少なくなり、なかなか余裕のある生活を送れなくなります。 色々と節約をしないと、と頭を悩ますことが増えます。 でも、節約ばかりしていたら楽しくない、苦行のような生活になってしまい …

シングルマザーの財布の中は1万円札は入っていない貧困生活事情

シングルマザ-で1人息子を育て14年と半年が過ぎようとしています。月収手取り16万~17万の私たち親子の現実の話です。 スポンサーリンク シングルマザーの生活って正直、経済面を除けば個人的には他人がい …