シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

生活

なかなか病院に行かないシングルマザーは病気を怖がるべき!

投稿日:

病気になることはありませんか?

病気になっても、仕事もあり、育児もありでなかなか病院に行けないことが多いです。

しかし、油断していたらいきなりちょっとした継続治療が必要な病気になってしまいます。

今回は私の経験を基にストレスからなりやすい病気をお教えします。

自分の健康と子どもの将来について考え、病院受診へ前向きになればと思います。

スポンサーリンク
  

体調を崩しやすくなる母子家庭生活

離婚する前の気が狂いそうな生活から自由になり、シングルマザーなりたての人は一瞬元気になったりしますね。

しかし、すぐに新しい生活が始まり、仕事と育児と家事全般で右往左往することになり、自分が元気なのかどうか考える余裕もなくなってきます。

最初は夢いっぱい、怖さいっぱいの母子家庭の船出なので、気が張っているせいか全てを順調にこなしていけますが、時間が経ってきて少し精神的な余裕が出始めると一気に体にガタがくることがあります。

シングルマザーのみなさんは、仕事も忙しいし生活費にも余裕がないからと、病院に行くのを延ばし延ばしにしがちではないでしょうか。

「病は気から」と言うので、気持ちの問題だから体は大丈夫!、ちょっと疲れてるだけだから大丈夫!なとと侮ってはいけません。

離婚は自分の心身にあるエネルギーを全解放してするものなので、自分が思う以上に疲れを溜めた状態です。

加えてすぐにシングツマザーとしての生活を立て直すために無意識でも間違いなくかなりの疲れを溜めこんで、離婚時の上乗せをした状態で数年生きていることになります。

そのさまざまな疲れと体への酷使が、予想外の病気を引き起こします。

私は母子家庭になってから、それまでしたこともない病気をストレス起因なのか経験しました。

難聴

突発性難聴はストレスからなりやすい病気です。

私は子どもの送迎や仕事の決算時期などのハードスケジュールが1カ月程続いたある日、仕事中後頭部で低く鈍い音が響き続けたところから始まりました。

「ドーン、ドーン」と頭中響いて、数日たつと電話の相手の声がよく聞き取れないことにやっと気づき始めました。

決算が一段落して病院に行った時には、片耳の聴力がかなり落ちていた状態で、難聴と診断されました。

治療に関しては、難聴の治療をした方はご存知かもしれませんが、かなり痛い治療を数か月続けました。

今でも片耳の低い音は聞きにくくなることが多々ありますが、あの当時よりはきちんと聞き取れますし、日常生活に支障が出なかったのが何よりです。

十二指腸潰瘍

難聴よりも前の決算時期に、左中腹部付近が空腹時にひどく傷むようになった時期がありました。

スポンサーリンク

痛くて痛くて、でも胃のあたりなのでずっと胃薬を飲んで1か月ほど仕事を続けたのですが、翌月の健康診断のバリューム検査で見事に引っかかりました。

再検査はこの際なので、胃カメラの検査を行いましたが、検査の最中については割愛します。

自分で見ながらの検査なので、自分の胃の近くに潰瘍があるのはすぐに説明を受けて理解しましたが、まさか自分が潰瘍になることがあるとは正直驚きとショックしかありませんでした。

幸い十二指腸潰瘍も投薬治療ですんだので、半年後には全快しました。

まとめ

とにかくその時は反省しきりでした。

今後一人で子どもを育てていく上で自分の身体は資本で、自分が大病を患ったら子どもはどうなる!と心底反省をしました。

とは言え、生活スタイルは変わることもありませんし、変えることもできませんので、休める時はしっかり休みを取るように心がけるようになりました。

シングルマザーのみなさんは、無理をしていませんか?病院に行かずにしんどい身体を我慢したりしていませんか?

早く病気を見つければ早く治りますし、自分と子どものこの先の人生に害はなくなります。

子どもを一人前に育てるためにも、病気はしてられませんし、大病になった時何よりも子どもが不安になり心配して不安定になってしまいます。

それを防ぐためにも病気にならないよう健康に注意する事と、健康に注意しても体調がおかしい時はきちんと受診しましょう。

お金も時間も余裕もないかもしれませんが、子どものためにも自分のためにも、そこだけは節約対象外で治してくださいね。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母子家庭は問題が多いと思われがち?母子家庭というだけで受ける偏見

いつの時代も、母子家庭を冷たい目で見る人はいるものです。 しかしながら、世の人がいうほど、本当に母子家庭は問題が多いのでしょうか。 子どもにも多くの悪影響を与えるのでしょうか。 スポンサーリンク 今の …

母子家庭の贅沢は3年に1回の旅行とご褒美は月に1回のお出かけ

シングルマザー歴14年半の中学3年生の息子を持つ現在47歳で、介護の仕事をしています。 未婚の母となり、大事な愛息子に寂しい思いをさせまいと働く事14年半。 何も分からない4ヶ月前から保育園に預け、結 …

シングルマザー必見!疲れた心を癒す魔法の言葉4選

「シングルマザーって大変だよねぇ・・・。」 簡単に言ってくれるなよって思うくらい、本当に大変です。 育児に仕事に家事に、ちょっと年齢がいくと親の介護とかも付録でついてきちゃいます。 シングルマザー歴1 …

シングルマザーの財布の中には少額のお札とポイントカード

シングルマザーになって14年、現在47歳、介護の仕事をしています。 仕事に行くとき、買い物に行くとき財布の中をチェックして余計なお金は持ち歩かないようにしています。余計なお金はないんですけどね。 私の …

シングルマザー必見!子育てと両立できる仕事3選

シングルマザーの何が大変かと言えば、やはり仕事と育児の両立です。 子どもを育てながら仕事をするというのは思っている以上に大変です。 子どもが体調を崩せば、休んだり遅刻・早退をせざるを得ません。 スポン …