シンママ応援.com

シングルマザーを応援していくための情報サイトです

体験談

子供の頃に両親が離婚、母子家庭の子供の心配は母の幸せだった!

投稿日:

今回は母子家庭で育った方の体験談です。

子を持つ親にとって一番の心配事は子どもの事です。

しかし子どももまた親のことを思っています。

母子家庭で育った男性の体験談です。

スポンサーリンク
  

入婿で姑は酒乱

23歳、会社員です。

私が小学四年生の頃に、母から離婚したと教えてもらいました。

実は、私が保育園児だった頃から父は家に帰ってくることが少なく、子どもながらに離婚したというのは分かっていました。

母から言われた時は今さら?と疑問に思ったぐらいです。

そもそも、入婿の父は家に帰って来たくはないだろうと思っていました。

祖父が毎日、夕方からお酒を飲んでは怒鳴ったり、物を投げたりしていたからです。

田舎で、田んぼも畑もあってそちらも大変だったのではないかなぁと思います。

まあ昔から父はいなかったのでそんなものかなぁと考えていました。

ちょっとだけ困ったのは父の日に合わせて授業で似顔絵を書かなくてはいけない時と、運動会の借り物競争のお題が「お父さん」だった時です。

似顔絵は適当にやって、運動会は優しそうな男性を連れてきました。

私が声をかけた人は一個下の男の子のお父さんだったのですが、結構奥の方にいてわざわざそこまで行って連れていったのでみんな疑問に思ったかも知れません。

母とその方が変な関係とか私が仲良かったわけではなく、ただ単に優しそうで声をかけられたのがその方だけだったというだけです。

今考えれば、男の先生を連れていけばよかったのかもしれません。

それぞれの家庭にいろんな事情がある

私が住んでいたところは田舎だったので、苗字がしょっちゅう変わる子や、母子家庭、父子家庭、単身赴任で日ごろ父親が家に居ないなどそれぞれの家庭の事情がある程度分かるのでみんなそれを踏まえた上で、会話など行っていました。

子どもの頃からそんな環境だったせいか「それぞれの家庭にいろんな事情がある」事をそんなものだと思っていました。

私の家では相変わらず祖父がお酒を飲んでは暴れていましたがそれ以外の時は真逆で寡黙で黙々と作業を行う普通の人でした。

母子家庭で祖父母と同居でしかも祖父は酒乱。

お酒を飲んでいる時の祖父は今思い出しても怖いし疲れるしありえないと思います。

ですが、当時からその事を大事にしたいとは思っていませんでした。

母子家庭でも、自分の好きなことを出来ていたし、寂しいとか、悲しいとか感じることはなく日々を過ごしていました。

謝る母、逆にそれが辛かった

母は、よく「ごめんね」「私がしっかりしていれば」と話していたのですが、その事が辛かったです。

まず、私はごめんねと言われるような生活をしているのだとその時に気が付きました。

それまでは父がいなくても何も問題なく普通に暮らしていたつもりでした。

また、謝られたり母が悲しそうにしている理由が父がいない事であったり私の生活のことだったりした事も私の心に重くのしかかってきました。

スポンサーリンク

母は、自分の人生に後悔している。

しかも、私のことを考えて申し訳なく思っている。

もしかして、私がいるせいで母は自分の幸せを考えられなくなったのかと思ってしばらくの間はかなり悩みました。

私はその時、悲しくもなく、将来を悲観してもいなかったので、なんで私は今普通に楽しいのに母は楽しめないのか、私はどうにかして母には母の時間を持って充実させて欲しいと考えていました。

ちょうど、思春期で自立したいと考えていたからかも知れません。

祖父母の面倒も子供の面倒も家にある畑や田んぼの事も行う母には、そんな時間も余裕も持てなかったのだとは思います。

子供もまた親のことを思っている

親が子どもを思い考える様に、子どもは親の事を考えます。

そして、親が子どものことを一番に考えているのは子どもにも伝わります。

それはとても嬉しいし、子どもの頃はそれが当たり前だと受け取っていました。

親から愛情を貰えるのは当たり前だと思えた環境で暮らせた事にすごく感謝しています。

今は、成人し社会に出て少しは世の中のことを見れてきました。

これからは、育ててくれた母が母の人生を生きられる様に、恩返ししていこうとおもいます。

まとめ

親が子を思うのと同じくらい、子もまた親を思っています。

子どもの幸せを親が願うように、子どももまた親の幸せを願っています。

たとえ離婚しても母親が笑顔で生きていく!

何よりそれが子どもの為ではないでしょうか。

スポンサーリンク

-体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過保護過干渉な母子家庭…でもそれには訳が。父の性癖が気になる母

防犯ブザーを持たされた 29歳女、食品製造業に従事しています。両親が別居したのは、私が4歳のときで、正式に離婚したのはずっと後、22歳くらいのときだったと思います。別居といっても、母が飛行機の距離の実 …

離婚の原因は父親の不倫と暴力!親の離婚がトラウマになった姉弟は

今回は29歳会社員女性の母子家庭の体験談です。 スポンサーリンク 離婚の原因は父親の不倫と暴力。子供達のために黙って耐えていた母親に離婚して欲しいと願い出た彼女は…。 IT企業でSEとして働く彼女の体 …

ドケチ夫との生活よりシングルマザーのほうがマシ

夫の経歴はとても立派なもの 私は現在、私立高校の教員で、40歳になります。公立中学の教員をしていたとき、30歳近くなってから婚活を始めましたが、なかなか結婚には到りませんでした。職業柄もあって、あまり …

父親の別居で現状が母子家庭!母親の浮気相手は会社社長だった

今回は父親の別居で現状が母子家庭状態で育った男性の体験談です。 スポンサーリンク 母親にとっては現状を子どもがどう感じているのか?一番気になることだと思います。 父親の別居の原因は、母親の浮気? 24 …

お互い母子家庭で育った夫婦なんとなく二人して子供は作りたくない

妻が怖いから家庭にいたくなかった 現在三十五歳会社員をしております。親が離婚したのは私が十歳のときでした。私の下に妹もおり、妹は六歳でした。小学校に入りたてでした。 母親と父親は子供の間ではなるべくケ …